シーズン開幕がさらに遅れるのは避けられないかも……レッドブル代表が語る

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1開幕戦オーストラリアGPが中止されたものの影響はそれにとどまらず、シーズンスタートがさらに遅れることは避けられないだろうと語る。

シーズン開幕がさらに遅れるのは避けられないかも……レッドブル代表が語る

 F1とFIAは3月13日(金)の朝に声明を発表し、木曜日の夕方にマクラーレンのチームスタッフ1名が新型コロナウイルスの感染していることが明らかになったことを受け、F1オーストラリアGPの開催を中止する旨を明らかにした。

 チームとF1、そしてFIAは、マクラーレンのスタッフが感染していたことが認められた後、夜通しレース開催の可能性について議論を行なった。マクラーレンを除く9チーム中6チームが開催中止を主張したことを受け、イベントの主催者は最終的に、レース中止を決断した。

 ただ今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響は、これにとどまらないかもしれない。翌週にはバーレーンで第2戦が予定されているのだ。既に無観客での実施は決まっているバーレーン。現時点ではこれに関する公式発表は何もなされていないが、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レース中止は「ほぼ避けられないだろう」と考えている。

「まだ決定されていないはずだ。しかし、チームがどうやってバーレーンに行くのか、それを想像するのは実に難しい」

 そうホーナー代表は語った。

 motorsport.comの取材によれば、他のいくつかのチームも、バーレーンでのレースはできないだろうと明かしている。

 新型コロナウイルスは、感染が拡大する一途を辿っており、今や世界中のスポーツイベントや移動ルートに影響を及ぼしている。そのため、シーズン前半のほとんどのレースについては、開催できるかどうかが不確実な状況だ。

 なおバーレーンの後には、4月3〜5日の日程で初開催のベトナムGPが、その後には5月1〜3日のスケジュールで復活開催のオランダGPが、それぞれ予定されている。

 シーズンスタートがさらに遅れる可能性を示唆するホーナー代表だが、最終的にはレースのプロモーターの判断を待つしかないと語る。

「必然的に、レース延期について議論されることになるだろう」

 シーズン開幕を遅らせる必要性についてmotorsport.comから尋ねられたホーナー代表は、そう語った。

「プロモーターが発言するのを、我々は待たなければいけない。彼らはあらゆる角度からそのことについて検討していると、私は確信している」

「ヨーロッパラウンド序盤のレース、そしてベトナムなどでのレースの状況については、彼らは我々よりもはるかに詳しい情報を手にしている。でも必然的に、遅れは生じることになるだろうね」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
F1開幕戦中止を受け、ホンダがコメント「残念だが、F1の決断を支持する」

前の記事

F1開幕戦中止を受け、ホンダがコメント「残念だが、F1の決断を支持する」

次の記事

マクラーレン、スタッフ14人が2週間の隔離へ。今後の開催スケジュールにも影響?

マクラーレン、スタッフ14人が2週間の隔離へ。今後の開催スケジュールにも影響?
コメントを読み込む