レッドブル代表「オコンはフェルスタッペンの”怒り”から逃げられ、幸運だった」

シェア
コメント
レッドブル代表「オコンはフェルスタッペンの”怒り”から逃げられ、幸運だった」
執筆: Glenn Freeman
2018/11/12 3:14

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ブラジルGPの決勝レースでエステバン・オコンと接触したことで勝利を逃したマックス・フェルスタッペンを擁護した。

 F1ブラジルGPの決勝レース、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、先頭を走っていた際に周回遅れのエステバン・オコン(フォースインディア)の攻撃を受け、両者は接触。フェルスタッペンはこの接触によりスピンを喫してしまい、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に先行を許してしまい、最終的に勝利を失うことになった。

 フェルスタッペンはこの一件について不満を抱いており、フィニッシュ後のチーム無線でもそう語った。またレース後の体重測定の場でフェルスタッペンとオコンは口論となり、フェルスタッペンはオコンの胸ぐらを突き飛ばしてしまった。ふたりはこの小競り合いの結果、スチュワードに召喚されている。

 

 

「マックスはかなり感情を抑えていると思う」

  レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ふたりの小競り合いについて尋ねられた際、スカイスポーツF1にそう語った。

「彼は勝利を失ったんだ。彼はダメージを負ったマシンで、彼の心を奮い立たせた」

「エステバンは、その窮地から逃げることができて幸運だったと思う。正直に言ってね。感情は高まっているはずだ」

「私はクールダウンラップで『自分をコントロールするんだ』と彼に言った。なぜなら、彼は自分自身のせいではなく、勝利を失ってしまったのだから。彼とチームにとっては、とても苛立たしいことだ」

「我々はすべてのことを正しく行った。我々はメルセデスを追い詰めていた。フェラーリも抜いた。しかし周回遅れのよって勝利を失うなど、大いに不満だ」

 オコンはギヤボックス交換のペナルティを受け、18番手からレースをスタートした。フェルスタッペンを抜こうとした当時、彼は新たなスーパーソフトタイヤを履いたばかりであった。

「周回遅れになったマシンとしては、先頭のマシンに干渉してはいけないことは明らかだ」

 そうホーナーは語った。

「オコンはその時、一体何を考えていたのだろうか。理解しがたい」

 新しいタイヤを履いていたため、オコンはフェルスタッペンよりも速かったのかと尋ねられた際、ホーナー代表は次のように語った。

「彼らはストレートでは速い。それは分かっていた。でも、一体なぜ彼は、レースリーダーと戦おうとしたのだろうか?」

「彼は周回遅れだ。彼に良いペースはない。それなのにインサイドを死守しようとした。それは全く意味を成さない」

 フェルスタッペンはスピンした後、再びハミルトンとの差を詰めた。しかし、リードを取り戻すことはできなかった。フェルスタッペンのマシンは、オコンとの接触により、フロアに大きなダメージを抱えていたのだ。

「フロアが半分欠けた状態で、もう一度ルイスに近付くのは難しかった。彼が失ったダウンフォースの量は膨大だった」

 そうホーナーは語る。

「彼はルイスにプレッシャーをかけようと、ただマシンを走らせた」

「ルイスのフロントタイヤに、ブリスターができ始めているのが分かった。しかし残念なことに、ダメージを負ったクルマでは、彼を捕まえるだけのペースがなかったんだ」

次の記事
【動画】F1ブラジルGP決勝ハイライト動画

前の記事

【動画】F1ブラジルGP決勝ハイライト動画

次の記事

優勝の”大本命”だったフェラーリ。ベッテル車にはセンサートラブル発生

優勝の”大本命”だったフェラーリ。ベッテル車にはセンサートラブル発生
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
ドライバー エステバン オコン , マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Glenn Freeman