ペレス、セットアップの最適化が好調のカギ? レッドブル「彼に合ったセットアップが見いだせた」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、セルジオ・ペレスのドライビングスタイルに適したセットアップを見出したことが、彼の好調につながっていると語った。

ペレス、セットアップの最適化が好調のカギ? レッドブル「彼に合ったセットアップが見いだせた」

 今季レッドブルに加入したセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵するペースを見せられておらず、予選でフェルスタッペンを上回ったのは第2戦エミリア・ロマーニャGPの1度だけだ。

 6月のアゼルバイジャンGPで初勝利を挙げたペレスだったが、イギリスGPからロシアGPまでの6レースで16ポイントしか獲得できなかった。その間、ハンガリーGPではスタート直後にクラッシュに巻き込まれ、オランダGPではパワーユニット交換によりピットレーンからスタートしている。

 だが、最近のレースでは風向きが変わってきた。トルコGPとアメリカGPともに3位を獲得。アメリカGPではポールポジションを獲得したフェルスタッペンから0.2秒遅れの3番手につけるなど、予選でも速さを見せた。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスとのコンストラクターズタイトル争いや、フェルスタッペンのチャンピオン争いをサポートするためにも、ペレスがこのタイミングで調子を取り戻したことは重要だと考えている。

 アメリカGP後、ホーナーは「これが自信になったと思う」と話した。

「ここ数戦で、上向いてきている。モンツァでもソチでも強かったし、どちらのレースでも表彰台に上がるべきだった」

「イスタンブールでも強かったし、今回もずっとペースを維持していた。私は自信の問題だと思う。シーズンのこの時期に、彼の活躍が必要なんだ。今回は彼にとって素晴らしい結果となった」

「彼にとって機能するセットアップを見つけることが出来たと思う。それに、彼のスタイルに合わせてマシンを最適化することができていると思う」

「これからいくつかの重要なレースが控えているので、彼が今回やったようなことが我々には必要なんだ」

「ポールポジションを取れなかったのは残念だったが、彼にとっては素晴らしい進歩だった」

 次戦はペレスの母国レースであるメキシコGP。ただ2015年にこのレースがカレンダーに復活して以来、ペレスは7位以上のリザルトを残すことができていない。

 ただペレスは楽観的な見通しを立てている。

「僕たちは良いパッケージを持っていると思う。僕たちはあそこで強いはずだ」と彼は語った。

「いつもレッドブルはメキシコで非常に強いので、とても楽しみにしているし、再び表彰台に上がることができるよう願っている」

 
Read Also:

 

シェア
コメント
アロンソ、F1のルール適応厳格化を改めて求める「サッカーのようにジャッジすべきだ」
前の記事

アロンソ、F1のルール適応厳格化を改めて求める「サッカーのようにジャッジすべきだ」

次の記事

アメリカ苦戦のアルピーヌ勢、メキシコに向け原因究明中。アロンソ「答えが見つかってほしい」

アメリカ苦戦のアルピーヌ勢、メキシコに向け原因究明中。アロンソ「答えが見つかってほしい」
コメントを読み込む