「角田に追いついてしまった」レッドブル代表、予選敗因を語る。しかし決勝には期待十分?

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1メキシコGPの予選Q3で、アルファタウリの角田裕毅に追いついてしまったことで、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがポールポジション争いに負けたのは「苛立たしい」と語った。

「角田に追いついてしまった」レッドブル代表、予選敗因を語る。しかし決勝には期待十分?

 F1メキシコGPの予選で、アルファタウリの角田裕毅に追いついてしまったことでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが最終アタックでポールポジションを争えなかったことについて、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「非常に苛立たしいことだ」と語った。

 レッドブルのペレスとフェルスタッペンは、予選直前に行なわれたFP3で、ライバルであるメルセデス勢に0.5秒以上の差をつける圧倒的なパフォーマンスを発揮し、予選トップタイム最有力と目された。

 しかし予選ではメルセデス勢が復調。メルセデス勢が1-2体制を築き、予選Q3終盤を迎えた。レッドブル勢は最後のアタックに、ポールポジション奪還をかけ、ペレス、フェルスタッペンの順でアタックを実施。しかしペレスの前には、道を譲ろうとした角田裕毅がいた。

 ペレスは、角田がコース外を走るのを見て、自身もオーバーランしてしまう。そしてその後方から迫っていたフェルスタッペンも、イエローフラッグが出ると考えて減速。いずれもタイムアップすることができず、メルセデス勢にフロントロウを独占される結果となってしまった。

 この件について尋ねられたレッドブルのホーナー代表は、次のように語った。

「角田に追いついてしまったせいだと思う」

 そうホーナー代表は語る。

「いずれのドライバーも、最終アタックでペースを上げていた。マックスは0.2秒、チェコ(ペレスの愛称)は0.2秒弱だったと思う」

「なぜ彼(角田)が、サーキットのその部分を減速して走っていたのかは知らない」

「どちらのドライバーも、それによって悩まされた。そして影響を受けてしまったのだ。だから残念だ」

「でも我々のマシンはグリッド2列目に並んでいるので、そこから素晴らしいレースができるはずだ」

 メキシコGPを迎えた段階で、フェルスタッペンはハミルトンに対して12ポイントの差をつけ、ドライバーズランキング首位に立っている。予選で敗北したことはレッドブルにとって打撃だが、決勝では巻き返すことができると、ホーナー代表は期待しているようだ。

「(メルセデスは予選で)とても速かった」

 そうホーナー代表は言う。

「昨日の時点で、彼らが以前ここで抱えていたエンジンに関する問題を解決してきたことが分かった。彼らはそれに対処することができたんだ」

「我々のQ3でのパフォーマンスは低かったと思う。しかしそれでもなお、差は非常に小さい」

「明日のレースでも、僅差の戦いになるだろう。ここでは彼らの直線スピードが伸びているため、厳しいレースになってくると思うけどね」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスのフロントロウ独占は予想外! ハミルトン「みんなと同じくらい衝撃を受けた」
前の記事

メルセデスのフロントロウ独占は予想外! ハミルトン「みんなと同じくらい衝撃を受けた」

次の記事

ノリスとオコン、PU交換によりF1メキシコGP決勝は最後方からのスタートへ

ノリスとオコン、PU交換によりF1メキシコGP決勝は最後方からのスタートへ
コメントを読み込む