F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

レッドブルF1代表、予算上限額引き下げにも「恐れるべきことじゃない」

シェア
コメント
レッドブルF1代表、予算上限額引き下げにも「恐れるべきことじゃない」
執筆:
2020/06/06 3:01

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1に予算制限が導入されることについて、何も恐れることはないと語る。

 先日、世界モータースポーツ評議会(WMSC)で、F1の予算上限額引き下げと、レースの接戦化を目指した、一連のレギュレーション変更が承認された。

 この変更が承認されたことにより、当初は1億7500万ドル(約192億円)とされていた2021年シーズンの予算上限額が1億4500万ドル(約159億円)に引き下げられた。その後2020年には1億4000万ドル(約153億円)、さらにその翌年には1億3500万ドル(約148億円)へと段階的に引き下げられていく。

Read Also:

 このような大きな支出制限が課されると、特にビッグチームにとっては打撃になる。一方で小中規模のチームにとっては、トップグループとの差を縮める一大チャンスということになる。

 レッドブルは、勝つことがより難しくなるかもしれないレギュレーション変更をなぜ受け入れたのか? それについて尋ねられた同チームの代表であるクリスチャン・ホーナーは、motorsport.comに対して次のように語った。

「ビジネスにとって何が正しいことなのかを、考えなければならないと思う。そして時には、自己の利益がスポーツの利害を上回ることもある」

「私はこれについて、全体的な見方をした。そして最終的には、最高のモノは常にトップに立つと私は信じている。したがってレギュレーションがどうであれ、出来る限りの競争力を確保できるかどうかは、我々次第なのだ」

「我々はF1で長年にわたって成功してきた。そして、このテクニカル、スポーティング、ファイナンシャルの各レギュレーション下でも、もう一度それを実現しなければいけない」

 予算上限額が引き下げられることにより、ビッグチームはスタッフを解雇して支出を抑える必要が出てくる。しかしホーナー代表曰く、レッドブルの場合はF1以外のプロジェクトに人員を移動できると考えているようだ。

「必然的に、チームの形に影響を与えることになるだろう。でも、他の活動もある」

 そうホーナー代表は語った。

「他にも、相乗効果があるプロジェクトもある。そして我々は高度な技術を持っていて、その活動において成長を遂げている」

「人材は我々にとっての最大の資産であり、可能な限り多くの仕事を守れるように務める」

 予算上限の引き下げは、短期的には頭痛の種になるだろうとホーナー代表は認めるが、今回の変更は、スポーツ全体にとってはプラスになるはずだと考えている。

「それは、チームの支出を保護する」

「収益の面については、まだ整理すべき部分がある。しかし支出については大幅に削減され、コントロールされていると思う」

「今後5年間の計画により、F1は外部からの投資、投資家、スポンサーにとって、より魅力的なモノになるだろう」

「それがうまくいけば、いくつかの小さいチームを守るのにも役立つと思う。そして、この新しいテクニカルレギュレーションにより、より接戦のレースが実現することも願っている。それが目標であり、意図していることなんだ」

 

Read Also:

次の記事
ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張

前の記事

ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張

次の記事

ダブルヘッダー2戦目を面白く……F1、タイヤの組み合わせ変更も視野に

ダブルヘッダー2戦目を面白く……F1、タイヤの組み合わせ変更も視野に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble