ホンダF1復帰を知っていれば、自社PU部門なんて絶対作らなかった……レッドブルのホーナー代表、その心の内はいかに

レッドブルのクリスチャン・ホーナーは、ホンダが2026年にF1復帰を果たすことが分かっていれば、自社のパワーユニット開発部門を作ることは「絶対になかった」と語っている。

 Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal

写真:: Red Bull Content Pool

 先日、2026年からアストンマーチンへのパワーユニット供給を通してF1に参戦することを発表したホンダ。2021年でのF1活動終了を発表して以降、既存パートナーであるレッドブル、アルファタウリへの技術支援という形でF1に関わり続けてきたホンダだが、そんな彼らの復帰発表に対し、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表がコメントした。

 ホンダF1が参戦を終了した後、F1は2022年から2025年までのパワーユニット開発を凍結。その間レッドブルとアルファタウリはホンダ製PUを継続使用することになった一方で、2026年からの新規則導入に向けては自社の開発部門、レッドブル・パワートレインズを設立した他、フォードとの提携も発表した。

 ただホンダは2026年のPU製造者登録を済ませて研究・調査を行なっていることが明らかとなり、先日アストンマーチンとのタッグが明らかにされた。レッドブルでホンダと共にタイトルを獲得したマックス・フェルスタッペンは、このような動きを「残念」だと表現している。

 またホーナーも、ホンダが復帰を望んでいることが分かっていれば、独自のPUプログラムを立ち上がることは絶対になかっただろうと語った。

「レッドブルの将来を考えて、我々はカスタマーを卒業した。パワーユニットを自分たちの手に置き、エンジンとシャシーと完全に一体化させることで生まれる相乗効果は、長期的に見れば大きなメリットになる」

「だがもしホンダの撤退がなければ、我々はこのような動きをすることはなかっただろう」

「多くの点で、我々が独自のPU施設を作ることを後押ししてくれた彼らには感謝すべきだ」

「もちろんそれに伴って雇用も生まれたし、フォードとのパートナーシップも将来にとってエキサイティングなものだ。レッドブルとそのステークホルダーがこのプロジェクトに全力を尽くしている」

「ホンダの(復帰の)決断を知っていたとして、今と同じ決断を下したかと言われれば、それは絶対にない」

「ただ、我々は今のプロジェクトに集中している。そしてこれが進化すればするほど、グループにとって長期的なメリットがあると考えている」

 レッドブルとホンダは2022年末、複雑で高価なMGU-Hが廃止された2026年からの新PU規則における協力の可能性について、再び協議をした。この話し合いは主にハイブリッドコンポーネントに関するものだったようだが、ホーナー曰く「おそらくお互いに妥協する部分が多すぎた」ため、交渉はまとまらなかったという。その結果、レッドブルは2023年の新車発表会でフォードとの提携を公にしたのだった。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 メルセデス、モナコで大胆アップデートも評価はお預け? 事前シミュレーションでは”ポジティブ”もラッセル「スペインまで待つ」
次の記事 メルセデス、投入決断したアップデートに感触上々。ハミルトン「改善されたことを間違いなく実感できた」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本