レッドブルF1代表、メルセデスのチームオーダー”想定外”に驚き

シェア
コメント
レッドブルF1代表、メルセデスのチームオーダー”想定外”に驚き
執筆: Adam Cooper
2018/10/03 0:07

レッドブルのホーナー代表は、ロシアGPでメルセデスが出したチームオーダーについて理解を示しながらも、事前に話し合いがなかった状況で出されたことに驚いたと話した。

 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ロシアGPでメルセデスがバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンのポジションを入れ替えるチームオーダーを出したことについて、それが事前に議論されていなかったことに驚いたと話した。

 ポールポジションからロシアGPの決勝レースをリードしていたボッタスだが、チームからの指示でハミルトンにトップを譲り、2位でレースを終えた。レース後、ボッタスは想定外のチームオーダーだったと明かしている。

 ホーナーは、メルセデスの戦略については特に問題はないと考えているようだが、レースに向けて今回のようなシナリオについて話し合いがされていなかったことに驚いたという。

「ボッタスは特に不満だと思う」とホーナーは語った。

「彼らがレースの前に、そういった(チームオーダーについての)シナリオを話し合ったと思っていた」

「それがサプライズであってはならないんだ。私は今回、それが誰にとっても驚くようなものであったことに、驚いている」

「F1がチームスポーツであるということを忘れるのはとても簡単だ。ドライバーは、究極的にはチームのために運転しているんだ」

「今回、混乱が起きたのは全てが事前に議論されていなかったせいだ」

 ホーナーは、もし自分がメルセデスのトト・ウルフ代表と同じ立場に立たされていたとしても、彼と同じ決断をしたと断言した。

「ドライバーのタイトル争いとドライバーの私欲、チームの集団的利益は常にせめぎ合っている」

「だからそれ(チームオーダー)の背後にある原理はわかる。その実行が事前に議論されていなかっただけのようだ」

 また、今回の結果がボッタスの士気に悪影響を及ぼすのではないかと質問されたホーナーは「もちろんだ。しかし今年の彼の役割ははっきりしている」と答えた。

次の F1 ニュース
”初めて”の鈴鹿に挑むハートレー「ファンやホンダにポイントを!」

前の記事

”初めて”の鈴鹿に挑むハートレー「ファンやホンダにポイントを!」

次の記事

読者の”訊きたい”にガスリーが応える(3)「鈴鹿の全てを愛している」

読者の”訊きたい”にガスリーが応える(3)「鈴鹿の全てを愛している」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中 , レッドブル 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース