レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表、チームとの契約を2026年まで延長へ。重鎮マルコが明かす

クリスチャン・ホーナーは、少なくとも2026年までレッドブルF1チームの代表を務める契約に合意したようだ。

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表、チームとの契約を2026年まで延長へ。重鎮マルコが明かす

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、同チームがF1に参入した2005年から代表を務めており、これまで5度のドライバーズタイトルと4度のコンストラクターズタイトルを獲得してきた。そんなホーナーは2026年まで同職を務めることになるようだ。

 レッドブルは2021年に、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトン(メルセデス)を下してドライバーズチャンピオンに輝いた。フェルスタッペンはレース後、今後10年から15年はレッドブルに残りたいと語っており、チームアドバイザーのヘルムート・マルコも、フェルスタッペンサイドと早期の契約延長について話し合いたいとしていた。

 このようにチームのエースドライバーであるフェルスタッペンの長期残留が濃厚となる中、ホーナーは既に延長契約にサインしているようで、少なくとも次世代パワーユニットが導入される2026年まではチーム代表を続けることが明らかにされた。

 オーストリアの『ServusTV』でフェルスタッペンと共にインタビューに応じたマルコは、ホーナーと築いたパートナーシップは「本当にうまくいっている」と語り、レッドブルがフェルスタッペンよりも早く彼の契約延長に動いたことを明かした。

「クリスチャンはチーム代表として表舞台に立ち、私はどちらかというと裏方に回っている」

 マルコはそう語る。

「ただ、我々はうまく協調しながら、チームやスタッフの方向性を決められている。政治的な面でも我々は考え方が同じであり、チームの成功がそれを物語っている」

「ディートリッヒ・マテシッツ(レッドブルのオーナー)は最初、『クリスチャンって誰だ?』と言っていた。クリスチャンはF1での経験がなかったからね。しかし私はF3000などのジュニアカテゴリーで彼のことを知っていたし、野心やスキルがあることも分かっていた。今やそれが素晴らしいものに昇華している」

「彼はチーム代表としてカリスマ的な存在だ。そして君(フェルスタッペン)よりも先に、2026年まで契約を延長する運びとなったのだ」

「新しいシャシー規則やエンジン規則が始まったり、過渡期を迎える中で強いチームを維持するため、少なくとも上層部に関しては安定させておきたい」

 とあるレッドブル関係者がmotorsport.comに語ったところによると、ホーナーの延長契約はすでにサインされており、彼の長期残留は既に確定しているという。そのため、レッドブルが次に目指すのは2023年に現行の契約が満了するフェルスタッペンとの契約延長だ。

 フェルスタッペンが今後10~15年はレッドブルに留まりたいとコメントしていることについて質問されたマルコは「現時点では議論の途中だ」と話すにとどめたが、同席したフェルスタッペンは「今ここにいられてとても幸せだし、あと10年か15年は一緒にやっていけるといいなと思っている」と付け加えた。

 またフェルスタッペンは、ハミルトンとメルセデスの契約も同様に2023年末で切れることについて質問されたが、「向こうがどうなろうと僕には関係のないことだ」と一蹴している。

 
Read Also:
シェア
コメント
フェラーリ、2022年のF1新車発表は2月中旬に予定「今後数週間以内に日程を確定させる」
前の記事

フェラーリ、2022年のF1新車発表は2月中旬に予定「今後数週間以内に日程を確定させる」

次の記事

F1のドメニカリCEO、2022年に向け「レッドブルとメルセデスの関係修復が必要だ」と主張

F1のドメニカリCEO、2022年に向け「レッドブルとメルセデスの関係修復が必要だ」と主張
コメントを読み込む