F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

レッドブル、フェルスタッペン2勝目で”リラックス”? エース残留に自信

シェア
コメント
レッドブル、フェルスタッペン2勝目で”リラックス”? エース残留に自信
執筆:
2019/08/01 7:01

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペンの今後について、”完全にリラックス”していると話した。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、今季限りでチームから離れるのではないかという憶測が流れているものの、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは彼の今後について”完全にリラックス”していると語った。

 フェルスタッペンが結んでいる現在の契約は、2020年までの期限となっている。しかしその契約の中には、特定の目標を達成できていない場合、契約を解除することができる”パフォーマンス条項”が存在しているという。

 その条項の内容について詳細は明らかになっていないが、夏休み前までのドライバーズチャンピオンシップの順位に関連している可能性は高い。

Read Also:

 フェルスタッペンは現在、ランキング3位。4位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とは21ポイント差がついており、8月4日のハンガリーGPが終われば、F1は夏休みに入る。パフォーマンス条項の条件がランキング3位以上であれば、クリアできるだろう。

 フェルスタッペンがチームを離れる方法が他にあったとしても、ホーナーは2020年について心配はしていないと語った。彼は、フェルスタッペンが今季初勝利を挙げるオーストリアGP前よりも、”エース”のチーム残留に自信を増している様子だ。

 motorsport.comが、フェルスタッペンが来季チームに留まると確信できているかと訊くと「私はそれについて、完全にリラックス出来ていると思う」とホーナーは答えた。

「マックスはチーム内でドライビングを楽しんでいる。彼は、我々の進歩を目の当たりにしている」

「それについてリスクはないと考えている。そして、チャンピオンシップの前半戦を終えたこの段階で、マシンからパフォーマンスを引き出すことに集中し続けなければいけないと思う」

「我々は2レースに勝ったし、他にもいくつか表彰台を獲得した。フェラーリの(ドイツGPでの)アンセーフリリースが罰金で済んだことに驚いた。モナコで我々がペナルティを科されたものと非常によく似ていたからだ。もしそのペナルティがなければ、モナコでも表彰台を獲得できていた」

 ホーナーは、ドイツGPが断続的な雨で変わりやすいコンディションとなったことで、フェルスタッペンにとって”理想的な狩場”になったと振り返った。

「私は彼(フェルスタッペン)がマシンコントロールにおいて、天性の素晴らしい才能を持っていると思う。そして、私は彼がそういったコンディションを楽しんでいたと思う」

「そして彼は、マシンに自信を感じている。レースをすると同時にタイヤを管理することが出来る。それは非常に素晴らしいことだ」

次の記事
ホンダF1、“最高の流れ”で思い出の地、ハンガリーに……田辺TDが意気込み語る

前の記事

ホンダF1、“最高の流れ”で思い出の地、ハンガリーに……田辺TDが意気込み語る

次の記事

2戦連続の入賞なるか? アルボン、ハンガリーGPは“予選が鍵”と語る

2戦連続の入賞なるか? アルボン、ハンガリーGPは“予選が鍵”と語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble