F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

レッドブル代表、日本GPでのベッテルの動きは「楽観的だった」

シェア
コメント
レッドブル代表、日本GPでのベッテルの動きは「楽観的だった」
執筆:
2018/10/08 23:19

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)と接触したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の動きは楽観的過ぎたと考えている。

 F1日本GP決勝レースの序盤、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はスプーンカーブでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のインに飛び込んだ。しかし、両者は接触。ベッテルはこの影響でスピンし、後方に下がってしまった。

 この一件についてFIAはペナルティを科すことはなかった。

 ベッテルはレース後にフェルスタッペンを批判。フェルスタッペンも「僕のクルマの方に飛び込んできた」とベッテルを批判した。ただベッテルは論戦を激化させることは望まず、この一件についてはフェルスタッペンと話し合うつもりだという。

 今回の接触についてレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、スチュワードの決定は正しかったと語った。

「あのコーナーでオーバーテイクするのは、非常に難しい」

 そうホーナーは語った。

「急減速する場所じゃないし、明らかにセバスチャンの動きは楽観的だった。そしてマックスのディフェンスには妥協がなかった」

「私の視点では、あれはレーシングインシデントだと思う。だから、スチュワードは正しい判断をした」

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ベッテルの動きについて「モチベーションが高すぎた」と語ると共に「レーシングインシデントだった」とmotorsport.comに対して語った。

 なお、フェルスタッペンが今年の日本GPでフェラーリのマシンと接触したのは、これが最初ではなかった。シケインをオーバーランしたフェルスタッペンはコースに復帰した直後、後方から迫ってきたキミ・ライコネン(フェラーリ)を執拗にブロック……結局接触することになってしまった。このアクシデントについては、フェルスタッペンに5秒のタイムペナルティが科せられた。

 ホーナー代表は、このフェルスタッペンの動きを擁護する。

「彼はハードなレーサーだ」

 そうホーナーは語った。

「キミとのインシデントは、彼がシケインを深くまで攻めすぎ、コースオフし、そしてコースに復帰した時に起きたものだ」

「彼はミラーを見ておらず、そしてキミがどこにいるのか分からなかった。そしてふたりは接触してしまった。そのため、スチュワードに取り上げられた」

「スチュワードはペナルティを科し、我々はそれを受け入れた。ペナルティを消化するためのピットストップ・ウインドウを得るためには、ギャップを築かなければならなかった」

「それはレーシングインシデントだと感じていた。彼はコースに復帰した時点で、キミがどこにいるのか分からなかった。それは残念なことだった」

 マルコは、レース後半にバルテリ・ボッタス(メルセデス)との差を詰めるほどの力強いペースを発揮したフェルスタッペンのマシンは、ボディワークにダメージが及んでいたことを認めた。

「彼はフロアにダメージを負っていた。ライコネンとのインシデントの後では、ダウンフォースが20ポイント以上失われていたのだ」

「そして彼は、(エンジンの)マッピングにも、またも少し問題を抱えていた」

「メルセデスにはかなりの余裕があった。しかし5秒ペナルティを受けた後では、素晴らしいリカバリーだった」

次の記事
ルイス・ハミルトン、東京に現る。激戦の疲れも見せず……

前の記事

ルイス・ハミルトン、東京に現る。激戦の疲れも見せず……

次の記事

ベッテル、クラッシュについてフェルスタッペンと”個人的”話し合いを希望

ベッテル、クラッシュについてフェルスタッペンと”個人的”話し合いを希望
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ロケーション 鈴鹿サーキット
執筆者 Adam Cooper