”要求の厳しい”アロンソ。投資進むアストンマーチンF1を成長させるための絶好の配役

アストンマーチンに加入したフェルナンド・アロンソ。現在の現役ドライバーの中で最もベテランとなった彼は、成長進むアストンマーチンとどう向き合っているのか?

Fernando Alonso, Aston Martin AMR23

写真:: Aston Martin

 フェルナンド・アロンソは今季からアストンマーチンに加入。彼にとっては新たな環境での戦いが始まる。

 アロンソの年齢を考えると、これが彼のF1キャリアの”終の住処”ということになるかもしれない。それでもアロンソのF1に臨む姿勢は、かつてと全く変わっていない。

「僕は何をするにも、非常に要求が厳しい」

 アロンソはアストンマーチンの2023年用マシンAMR23の発表会でそう語った。

「僕は自分の100%を捧げる。一緒に働く人たちにも、同じことを期待したい」

 アロンソはこれまでにも、チーム内で様々な軋轢を生んできた。しかしそれは、最高の結果を出そうとする、姿勢の表れとも言える。

 しかしこのアロンソの姿勢は、アストンマーチンのパフォーマンスを引き上げるのに、絶好のスパイスとなるかもしれない。オーナーのローレンス・ストロールは大富豪であり、本気でチームをトップの一角にしようとしている。そのための投資はまるで惜しまない。

 そういう意味で、ストロールの投資とその結果としてのチーム内の文化、そしてアロンソ自身の厳しいアプローチは、一致しているように思える。

「アストンマーチンで働く1日目以来、僕は周りの人たちから全く同じ価値観を感じ取ってきた」

 そうアロンソは語る。

「チームには投資がされていて、施設もある。才能もある。チーム力がつくのは時間の問題だ」

「残念ながら今の僕は20歳じゃない。でも、チームを助けるために最善を尽くす」

 チームはアロンソに、何事も正直に語って欲しいと求めており、彼の厳しいスタイルを受け入れることは、より強く成長するために効率的な方法だと感じているようだ。

 アストンマーチンのチーム代表であるマイク・クラックはアロンソについて、次のように語っている。

「我々は彼の要求の厳しい態度に本当に満足している。それは我々を前進させるし、我々も一歩前進するための準備ができている。それが、グリッド上でのポジションを上げるための唯一の方法なんだ」

 アストンマーチンが登場させたニューマシンAMR23は、外見から見れば実にアグレッシブなマシンであり、高いパフォーマンスを発揮することが期待されている。しかし予定とは異なり、アロンソの不満が高まった場合にも、チームはそれを真正面から受け止める準備ができているという。

「もちろん、マシンが我々が望んでいたようなモノではなかった場合、難しい話し合いになるだろう」

 そうクラック代表は語った。

「しかし隠れることはない。話し合いの場を用意する必要がある。フェルナンド・アロンソを前にして、隠れることなどできないと思う」

「我々は面と向かって議論する。正直に、オープンに、透明性を持って話す。そうすれば、何も問題はないと思う」

 アロンソは今月初め、ピレリのタイヤテストの一環として、ヘレスでアストンマーチンの2022年型マシンを走らせた。その時のフィードバックに、チームは早くも感銘を受けたという。

「フェルナンドは非常に魅力的で、ものすごく集中している」

 アストンマーチンのパフォーマンス・ディレクターであるトム・マッカローはそう語った。

「彼は話も非常に効率的だ。マシンについて説明する時、レポートの書き方、ステアリングの構成について彼の考えを伝える時、無駄な言葉はないんだ。ただ集中することが、我々がやるべきことだ。それが私の考え方だ」

 アロンソのレース中の集中力にも、感銘を受けたとマッカローは語る。

「彼は毎週、良い予選を戦い、良いレースをしてくる」

 そうマッカローは語った。

「無線で彼の話を聞くと、彼は自分の前後のマシンの戦略、彼らがタイヤをどう労っているか、そしてそのライバルとの関連性など、ありとあらゆることを話している。その一部を見ることができて楽しかった。予選とレースで、彼と共に戦えるのが本当に楽しみだ」

「彼は非常に経験豊富で優れたエンジニアであり、非常に意欲的で競争力がある」

 アロンソはAMR23の発表会の前にも、4時間もシミュレータで過ごしたのだという。

「彼には本当にモチベーションがあり、我々と同じようにうまくやりたいと思っている。我々全員を、本当に懸命にプッシュしているんだ」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1分析|どんな行動がペナルティになる? F1ドライバーの個人的メッセージ規制を考える
次の記事 ハースF1、今シーズン更なる躍進を期すために……昨年までよりも積極的なアップデートを計画

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本