F1 カナダGP

F1メカ解説|ライバルに追い付かれつつあるレッドブル、リヤウイング翼端のトレンドに新たな風を吹き込むか

昨年導入されてトレンドとなった、翼端板とフラップを切り離したように見える“セミデタッチ・リヤウイング”。この分野では現在もブラッシュアップが続いている。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

 F1では、特定のチームが革新的なアイデアを持ち込んだ際、それがライバルチームによってコピーされてさらに進化を遂げていくという流れが常だ。リヤウイングのフラップと翼端板(エンドプレート)が一部切り離されたような形状となっている“セミデタッチ・リヤウイング”もその一例と言える。

 各チームは2022年からの現行レギュレーションによって失われたリヤ周りの空力効果を取り返そうと模索してきた。その中で生み出されたのが、エンドプレートとフラップの接合部にテコ入れをするという案だった。それによって翼端渦をコントロールし、ダウンフォースの増加と空気抵抗(ドラッグ)の低減に繋げられることを彼らは理解していたのだ。ただ、これはマシンのパフォーマンス向上には寄与するが、後方を走るマシンは乱流を受けることになるため、”接近戦を増やす”という現在のレギュレーションの意向に背くものであった。

Alpine A523 rear wing side comparison

Alpine A523 rear wing side comparison

Photo by: Giorgio Piola

 昨年はアストンマーティンとアルピーヌが先陣を切って、この新たなソリューションのリヤウイングを持ち込んだが、ライバルたちはそのポテンシャルを明らかに見抜いていた。そのソリューションが生まれて1年が経過。現在ではその開発の方向性も変化を見せている。

 現在のリヤウイングで“王道”と言えるのが、アルピーヌのデザインを核としたもので、翼端板とフラップの接合部の裏側に金属製のブラケット(金具)が取り付けられている。しかしながら各チームは設計と改良を繰り返すうちに、接合部付近の形状やフラップ先端の形状を変化させた。これらを最適化することで、トレードオフの関係にあるダウンフォース増加とドラッグ低減を促進しようとしている。

 ザウバーはモナコGPとカナダGPで新しいリヤウイングを投入した。彼らはウイングを支えるピラー(支柱)を2本から1本に減らしている。そして興味深いことに、その新型ウイングはモナコとカナダでデタッチ(分離)の仕方が異なっていたのだ。カナダのローダウンフォース仕様はアルピーヌの形状と似ている一方で、モナコのハイダウンフォース仕様はアストンマーティンのデザインを踏襲していると言える。

Sauber mono pillar, Monaco vs Canada

Sauber mono pillar, Monaco vs Canada

Photo by: Giorgio Piola

 一方でメルセデスのリヤウイングも興味深い。彼らは2023年シーズンではアストンマーティン型を追求したが、今季はアルピーヌ型にコンセプトをスイッチしている。また彼らはイモラで新しいソリューションを導入したが、その目標は明確で、ウイングのダウンフォースレベルとドラッグ量の効率化を図ったものと思われる。

Mercedes W15 rear wing 
 Imola comparison

Mercedes W15 rear wing Imola comparison

Photo by: Giorgio Piola

 レッドブルもカナダGPでRB20のリヤウイングに変更を加えており、空力効率の向上を模索していることが受け取れる。昨今はライバルチームがレッドブルに追いつきつつあることを考えると、これは重要なことだ。

Red Bull RB20 rear wing tip

Red Bull RB20 rear wing tip

Photo by: Uncredited

 最新のデザインは非常に興味深く、メインプレーンとエンドプレートが交わる角、フラップがセミデタッチされた下の部分に板状のフラップが垂直に立っている。これにより周辺の気流が変わることで、空力効率に影響を与えることが期待されている。カナダGPのフリー走行1回目では、シミュレーションツールの予測通りにウイングが機能していることを確認するため、レッドブルはフロービズペイントを施して走行した。

 グリッド上の全チームがセミデタッチのウイングを採用している中、ライバルチームがいつ、どのような形でレッドブルのやり方を模倣してくるかは今後の注目ポイントと言える。

Red Bull Racing RB20 rear detail

Red Bull Racing RB20 rear detail

写真: Giorgio Piola

 

前の記事 ボッタスが自転車グラベルロードレースで優勝! しかもレース創設者はボッタス本人「僕の初勝利」
次の記事 現在の“F1最強コンビ”はマクラーレン? レッドブル重鎮マルコ、フェルスタッペン✕ペレスの自陣営にあらずと認める

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本