F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days
F1 2019
トピックス

F1 2019

ピレリ、F1冬季テスト限定でタイヤマーキングを一工夫。3色で5種類を判別

シェア
コメント
ピレリ、F1冬季テスト限定でタイヤマーキングを一工夫。3色で5種類を判別
執筆:
2019/01/25 5:55

ピレリは、F1オフシーズンテストで使用される5種類のコンパウンドのタイヤに施すマーキングを発表した。

 ピレリは、スペイン・バルセロナで行われるF1のオフシーズンテストを前に、そこで使用されるタイヤのマーキングを発表した。

 2018年はドライタイヤに7種類のコンパウンドを用意していたピレリ。それぞれのタイヤは異なる色でマーキングされていた。

 5種類のコンパウンドが使用される2019年は、この分かりにくい”レインボー”マーキングを廃止。各レースに持ち込まれる3種類のタイヤを、硬い方から白、黄、赤でマーキングすることになった。

 オフシーズンテストではマーキングに変更が施され、3色のカラーで5種類のコンパウンドを区別し、マシンがどのタイヤを使用しているか判断できるようにするという。少々分かりにくいようにも思えるが、シーズンに入ってしまえば5種類のタイヤが使われることはないため、暫定的な措置ということだろう。

 最も硬いタイヤ(上図のコンパウンド1)は、白色のマーキングが施されるが、タイヤのサイドウォールに沿ってラインが入っていない。最も軟らかいタイヤ(同コンパウンド5)も同様で、赤色のマーキングにラインなしとなっている。

 その中間に当たるタイヤ(同コンパウンド2〜4)については、従来使用されていたマーキングで白、黄、赤に塗り分けられる。

 昨年と比較した場合、最も硬いコンパウンドは2018年のハード、最も軟らかいコンパウンドは2018年のハイパーソフトと同じものだという。 2018年のタイヤコンパウンドから一度も使用されなかった”保険用”のスーパーハードを除外し、残った6種類を5種類に絞っているため、わずかながら各コンパウンドの違いが大きくなっていると思われる。

次の記事
元強豪の”驕り”はいらない。水面下で進むウイリアムズのチーム改革

前の記事

元強豪の”驕り”はいらない。水面下で進むウイリアムズのチーム改革

次の記事

ルノー、“ミシュランCEO”をカルロス・ゴーン後任に指名

ルノー、“ミシュランCEO”をカルロス・ゴーン後任に指名
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell