F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

コロナ陽性のペレス代役、候補にヒュルケンベルグが浮上? 衝撃のF1復帰なるか

シェア
コメント
コロナ陽性のペレス代役、候補にヒュルケンベルグが浮上? 衝撃のF1復帰なるか
執筆:
, Grand prix editor
協力: Oleg Karpov

セルジオ・ペレスが新型コロナウイルス陽性と診断されたことを受けて、ニコ・ヒュルケンベルグが代役候補に挙がっているようだ。

 FIAは、7月30日(木)にセルジオ・ペレスが検査の結果、新型コロナウイルス陽性と診断され、彼が隔離されている間、グランプリから除外されることを発表した。

Read Also:

 レーシングポイントはペレス欠場を受けて、「我々の意図は日曜日に2台のクルマでレースをすることだ。次のステップについてはまたお知らせする」とコメントを出しており、ペレスの代役をたて、イギリスGPの決勝を走らせるつもりだ。

 しかし、チームはリザーブドライバーとして特定のドライバーと契約はしておらず、メルセデスのリザーブであるエステバン・グティエレスとストフェル・バンドーンを共有する形となっている。

 グティエレスは今週末もメルセデスに帯同しているが、バンドーンはベルリンで開催されるフォーミュラEのレースに向けて準備を進めている。

 motorsport.comの取材によると、昨年までルノーでF1を戦っていたニコ・ヒュルケンベルグが、レーシングポイントにとって有力な候補に挙がっているようだ。

 ヒュルケンベルグは、レーシングポイントの前身であるフォースインディアに計5年間在籍。2017年からはルノーに移籍した。2019年最終戦アブダビGPが今のところ、彼が出場した最後のF1グランプリとなっている。

 ヒュルケンベルグがレースに参加するためには、新型コロナウイルスの検査を受ける必要がある他、レーシングポイントとの契約を結ぶ必要があるだろう。

 ペレスはイギリスGPだけでなく、シルバーストンでの連戦となるF1 70周年記念GPも欠場する見込みであり、今季好調なレーシングポイントにとっては実力が確かな代役を立てる価値はあるはずだ。

 レーシングポイントは、F1が採用しているコロナ対策プロトコルに従い、ペレスと濃厚接触したスタッフを隔離しているという。

Read Also:

”F1コピー選手権”化を避けるため……マクラーレン代表、規則見直しの必要性を提言

前の記事

”F1コピー選手権”化を避けるため……マクラーレン代表、規則見直しの必要性を提言

次の記事

シルバーストンでも、コース外走行の監視を厳格化。2週連続開催は改善の助けに?

シルバーストンでも、コース外走行の監視を厳格化。2週連続開催は改善の助けに?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
執筆者 Luke Smith