F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

代役2戦目でレーシングポイントに”慣れた”ヒュルケンベルグ。さらなる活躍なるか?

シェア
コメント
代役2戦目でレーシングポイントに”慣れた”ヒュルケンベルグ。さらなる活躍なるか?
執筆:
, Grand prix editor

セルジオ・ペレスの代役として、F1 70周年記念GPにも出走することになったニコ・ヒュルケンベルグは、F1イギリスGPの時よりも、チームに”はるかに慣れた”と語った。

 新型コロナウイルスに感染したとして、F1イギリスGPを欠場することになったレーシングポイントのセルジオ・ペレス。そのペレスは同じシルバーストン・サーキットですぐ翌週に行なわれるF1 70周年記念GPで復帰することを目指していたが、走行開始前日に行なわれた検査で、依然として新型コロナウイルス陽性であることが認められ、グランプリに参戦できないことが確定した。

Read Also:

 そのため、イギリスGPに引き続きニコ・ヒュルケンベルグが、ペレスの代役を務めることになった。

 そのヒュルケンベルグは、金曜日の午前中に行なわれたFP1では4番手タイム、午後のFP2でも6番手タイムを記録するなど、レギュラードライバーであるランス・ストロールと遜色ない走りを見せている。イギリスGPでは緊急登板だったヒュルケンベルグは、1戦を通して走行を経験したことで、チームやマシンにかなり馴染んできているようだ。

「マシンに乗っている時の状況に、より馴染むことができていると思う」

 ヒュルケンベルグはそう語った。

「1週間前よりも、何をすべきかということを明らかに理解できている。僕はすぐに快適に感じ、肉体的にも良い感じになってきているように思う」

 ヒュルケンベルグ曰く、今回はそのスピードに慣れる必要はなかったため、すぐにペースを掴むことができるようになったという。しかしその一方で、予選シミュレーションでは、もっとタイムを縮めることができると考えているようだ。

「ソフトタイヤでのラップは、あまりクリーンな1周じゃなかった」

 そうヒュルケンベルグは説明する。

「特に最終コーナーでは、少しタイムを失った。しかし僕はマシンにかなり満足しているし、自信もある。そう言うべきだろうね。本当に満足しているんだ。僕らは間違いなく、この上にまだまだ積み上げていくことができるはずだ」

 ヒュルケンベルグは、イギリスGPとF1 70周年記念GPの間の時間を利用して、チームのファクトリーでシミュレータに乗り、RP20への理解度を深めたという。

「僕らは合間の2日間を使って、できる限り多くの準備を整えた」

 そうヒュルケンベルグは付け加えた。

「僕はシミュレータで2回走った。それは、十分に助けになったと思う。マシンにいくつかのことを試してみた。それにより、僕らが抱えていた問題が整理されることになった」

「それは今日も確認できた。今日のプログラムはしっかりとこなすことができたので良かったよ」

Read Also:

ソフトよりミディアムの方が速い? 予選・決勝に向け、各チームはタイヤ選択に苦慮

前の記事

ソフトよりミディアムの方が速い? 予選・決勝に向け、各チームはタイヤ選択に苦慮

次の記事

フェルスタッペン、70周年記念GP初日は「良い1日」も、メルセデスとの差は大きい?

フェルスタッペン、70周年記念GP初日は「良い1日」も、メルセデスとの差は大きい?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム Racing Point
執筆者 Luke Smith