F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

各チーム、タイヤに苦悩……決勝序盤、ピットレーンは大渋滞に?

シェア
コメント
各チーム、タイヤに苦悩……決勝序盤、ピットレーンは大渋滞に?
執筆:
2019/06/08 12:29

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、ソフトタイヤの大きなデグラデーションが改善されない限り、カナダGPの決勝レース序盤に、ピットレーンで”交通渋滞”が起きる可能性があると考えている。

 サーキット・ジル・ビルヌーブで行われているF1カナダGP。その初日、2回にわたって行われたフリー走行では、特にソフトタイヤのデグラデーション(性能劣化)が大きく、日曜日の決勝レースでは、2ストップが主流になるだろうと言われた。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、ソフトタイヤのデグラデーションが改善されなければ、レース序盤に多くのドライバーがピットインすることになるかもしれないと語った。

「6周目くらいで、ピットレーンに渋滞が起きるかもしれない」

 ソフトタイヤについて尋ねられたヒュルケンベルグは、motorsport.comに対してそう語った。

「信号機を設ける必要があるだろう」

「今日も例年のように、非常に悪いコンディションでセッションが始まり、1日を通じて良くなっていった。明日もっと走ることによって、日曜日には金曜日よりもはるかに良いコンディションになるだろう。これは毎年同じだ。そうすれば、初日と同じように(ソフトタイヤのデグラデーションが)悪いことはないだろう」

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、金曜日のソフトタイヤの挙動によって、今回のグランプリは予測できないと語った。

「毎周ごとの、こんなデグラデーションは経験したことがない」

 そうガスリーは語った。

「しかし、日曜日のレースは非常に興味深いモノとなるだろう」

 そして、ヒュルケンベルグのチームメイトであるダニエル・リカルドは、決勝は2ストップの戦略が主流になるだろうと語った。

「日曜日には、路面温度がもっと高くなるだろう。だから、単純に1ストップだけという時代は、このあたりでおしまいだ。今週末には、1ストップは見ることができないかもしれない」

 予報では、決勝日の最高気温は金曜日よりも高い27度になると言われている。

「それが事実であるなら、僕は嬉しい。ここはオーバーテイクできるコースだから、2ストップをしたとしても、様々な可能性を開くことができるだろう」

「チームごとに大きな違いがあった。いくつかのチームは、1分17秒台を維持することができたようだったが、他のチームは1分19秒台にまで落ち込んでいた。それを避けるためにワンストップをやらざるを得なくなったならば、チーム間で大きな違いがあるかもしれない」

 ピレリは、一部のトップチームがミディアムタイヤでQ2を突破することを目指すだろうと考えている。そうすればミディアムタイヤを履いて決勝レースをスタートすることができるため、有利に戦うことができると思われるからだ。しかしそれが起きるかどうかは、コンパウンド間のタイム差次第だという。

「劣化したソフトタイヤを使い続けるのは、都合が良いとは思わない」

 ピレリのヘッド・オブ・レースであるマリオ・イゾラはそう語った。

「だからこそ、誰かはミディアムもしくはハードでレースをスタートしようとするだろうと思う」

「しかし、(ミディアムとソフトの)タイム差が1秒以上あるなら、彼らがミディアムを予選で使うことになるかどうかは分からない。それはリスクが高すぎるのだ」

 なおピレリの予想では、ソフトタイヤとミディアムタイヤのタイム差は0.8秒、ミディアムとハードのタイム差も同じく0.8秒だとされている。

次の記事
「メルセデスとはまだ差がある」ベッテル、FP2のワンツーも“悲観的”なポーズ

前の記事

「メルセデスとはまだ差がある」ベッテル、FP2のワンツーも“悲観的”なポーズ

次の記事

F1カナダFP3速報:ベッテルがトップタイム。レッドブルのフェルスタッペンが5番手

F1カナダFP3速報:ベッテルがトップタイム。レッドブルのフェルスタッペンが5番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble