F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
00 時間
:
32
:
36
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

ヒュルケンベルグは今頃後悔しているかもしれない……サインツ、1周目の事故を説明

シェア
コメント
ヒュルケンベルグは今頃後悔しているかもしれない……サインツ、1周目の事故を説明
執筆:
2019/09/24 3:12

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、シンガポールGPの1周目に起きた接触は、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグの楽観的な動きが原因だったと考えている。

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.とルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、シンガポールGPの1周目に接触。両者はこの事故でそれぞれダメージを負い、早々にピットインせざるを得なかった。サインツJr.はこのアクシデントの原因は、ヒュルケンベルグの楽観的な動きにあったと考えている。

Read Also:

 サインツjr.は7番手、ヒュルケンベルグは8番手で最初のコーナーをクリアした。それぞれ、スターティンググリッドのポジションを維持した格好だ。

 しかしサインツJr.は、6番手を走っていたアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)をオーバーテイクしようと狙っていた。

 ターン5でサインツJr.は、アルボンにアウト側から仕掛けた。しかしその際、イン側のラインを通ったヒュルケンベルグと接触し、両者のマシンはダメージを負うことになった。サインツJr.はタイヤをパンクさせ、フロアにダメージを負った。ヒュルケンベルグも1周目の終わりにピットインし、タイヤを交換する必要があったのだ。

 ヒュルケンベルグは結局9位までポジションを回復することに成功し、ポイントを手にした。一方サインツJr.は12位まで上がるのが精一杯だった。

 サインツJr.は、ヒュルケンベルグがこの事件を起こしたと主張。もしこの件がなかったのだとしたら、ふたりのドライバーはより多くのポイントを手にすることになっただろうと語った。

「僕はアルボンをオーバーテイクすることを考えていた」

 そうサインツJr.は語った。

「ニコは本当に、僕のレーダーには捉えられていなかったんだ」

「僕は本当に良いスタートを切った。アルボンはイン側を守っていたから、僕はアウト側を回ったんだ。その後、スペースを塞ごうと思った。それは僕がブレーキをかけなければいけなかったことを意味したんだけど、おそらくニコは、それをチャンスと見なしたんだ」

「それは楽観的すぎて、野心的な動きだった。レース後に彼は僕のところに来て、それについて謝罪したんだ。今日、僕らは7位と8位だったかもしれないから、とても残念だ。彼は今、それを後悔しているかもしれない」

 ヒュルケンベルグも事故を振り返り、ターン5で縁石の内側を通って回避行動を取ろうとしたが、接触を避けることができなかったと説明した。

「僕は彼に攻撃を仕掛けていた。でも彼はターン5で外側のラインを取ろうとしていたから、僕は内側に行ったんだ。でもその後、彼はとてもアグレッシブにターンインしてきたから、スペースがなくなったんだ。僕はそれを回避しようとした」

「僕は縁石の内側に行ったんだけど、ホイールとホイールが接触するのを避けることができなかった。僕のタイヤはパンクし、彼もダメージを負ったんだ」

 サインツJr.曰く、その接触により”簡単に”手に入れられるはずだった7位を手放してしまったと語った。その可能性は、チームメイトであるランド・ノリスが7位に入ったことで証明されたという。

「正直なところ、今週末のペースがあれば、簡単に7位になれていたはずだ」

「今日、それを手にするのはとても簡単だった。でも残念なことに、事故があったことで僕らはそのために戦うことすらできなかった」

「ニコは素晴らしいドライバーだし、すばらしい男だ。彼に怒りをぶつけるつもりはないよ。でも、最初の3つのコーナーを終えた後のポジションを考えれば、7位と8位を簡単に手にできていたはずだということを、僕らは共に分かっているんだ」

Read Also:

次の記事
F1でのリバースグリッド導入案に、多くのドライバーが猛反発「ふざけている」

前の記事

F1でのリバースグリッド導入案に、多くのドライバーが猛反発「ふざけている」

次の記事

シンガポールの厳しい週末は、レッドブル・ホンダに対する”目覚め”への警鐘

シンガポールの厳しい週末は、レッドブル・ホンダに対する”目覚め”への警鐘
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第15戦シンガポールGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jake Boxall-Legge