F1 モナコGP

モナコでもらい事故のヒュルケンベルグ、絡んだペレス&マグヌッセンを双方批判「どちらにとっても無駄で避けられたアクシデント」

ハースのニコ・ヒュルケンベルグは、F1モナコGPの1周目に起こったアクシデントに巻き込まれてリタイア。原因となったセルジオ・ペレスとケビン・マグヌッセンの接触について、双方にとって「愚か」で「不必要」なアクシデントだったと語った。

Nico Hulkenberg, Haas F1 Team

 F1モナコGP決勝レースの1周目には、複数台のマシンが絡む多重クラッシュが発生して赤旗中断となった。ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)は、そのアクシデントに巻き込まれる形となってしまった。

 アクシデントは1コーナーのサンテ・デボーテを立ち上がってからの登り区間で起こった。セルジオ・ペレス(レッドブル)に並びかけようとしたケビン・マグヌッセン(ハース)が接触し、ペレスのマシンはマグヌッセンに押し込まれるようにしてガードレールにヒット。ヒュルケンベルグもこのクラッシュを避けきれずにリタイアに終わった。

 レース後のヒュルケンベルグはSky Germanyに対し、マグヌッセンとペレスの間で起こったことは「明らかに愚か」だったとして、双方を批判した。

「チェコがケビンを見ていたかどうかは分からない。チェコはスペースを空けられたんじゃないかと思う。同時にケビンに関しても、コースが狭くなって、なおかつくねっているターン3での動きにしてはかなり楽観的だった」

 映像メディアの取材を終えてペン記者の取材に移ったヒュルケンベルグは、さらにこう答えた。

「どちらにとっても本当に無駄で、簡単に避けられたと思う」

「当然、僕は直接絡んでいたわけではないから、最悪の結果だ。あとコンマ2秒ほど前に出ていたら避けられただろう。チームのみんなは多くの労力と時間をかけてきてくれたわけだから、腹が立つしガッカリする」

 モナコではレース中のオーバーテイクが極めて難しいコースだが、その中でマグヌッセンが1周目で順位を上げようと小さなギャップを狙っていったことには共感できるかとmotorsport.comが尋ねると、ヒュルケンベルグはこう語った。

「ああ、もちろん。でも1周でモナコGPの勝敗が決まるわけじゃない。計算されたリスク、理にかなったリスクを負わないといけないんだ……」

「常にリスクとリワード(損失と利益のバランス)の問題に自分自身で答えを出さないといけない」

 一方で当事者のマグヌッセンは、自身のフロントの大部分が彼の後輪の前に出ていたため、ペレスがもう少しスペースを空けてくることを予想していたとして、「壁に追いやられた。1回のクラッシュで(チームの)2台が絡むなんて最悪な状況だ」と語った。

 なおFIAはこの一件についてはレーシングインシデントと判断している。ペナルティポイントをあと2点加算されると出場停止になってしまうマグヌッセンは制裁を免れる形となったが、彼はもしペナルティが出ていたら「かなり驚いただろう」と話した。

 

前の記事 6位大敗フェルスタッペン「こんなのレースじゃない」と、極度な”タイヤマネジメント”が求められたモナコGPに落胆
次の記事 チーム戦略とも違うじゃないか……! アルピーヌのガスリー、不必要な同士討ちに憤慨。僚友オコンに“変化”求める

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本