F1 カナダGP

僕のマシン、何か変だよ……ヒュルケンベルグ、カナダGPの入賞阻んだマシントラブルの究明求む「最初から感触は良くなかった」

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1カナダGPで入賞を阻んだと思われるマシンの問題を調査するようハースに求めた。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01, battles with Nico Hulkenberg, Haas VF-24

 ハースのニコ・ヒュルケンベルグは、マシンが100%正しい状態ではないことからF1カナダGPでの入賞を逃したと考えており、チームに問題の調査を求めた。

 ヒュルケンベルグは今季これまで4戦でQ3進出と、“予選職人”としてアタック一発の速さを発揮してきたが、カナダGPではQ1脱落。19番手に終わった。

 決勝スタートでハースは、他チームが小雨に終わると予想してインターミディエイトタイヤを選ぶ中、フルウエットタイヤを選ぶギャンブル作戦を敢行。この選択が的中し、最初の8周でケビン・マグヌッセンとヒュルケンベルグは一気にトップ10圏内にまでポジションを上げた。

 ただコンディションが回復傾向に向かうにつれて、両ドライバーとも一転してポジションを下げていくことになった。

 今年のカナダGPはフェラーリ勢やレッドブルのセルジオ・ペレスを含む5台が姿を消しており、中団グループのドライバーにとっても入賞のチャンスが高まった一戦だった。しかし、ハース勢はポイントを掴めず、フィニッシュを迎えることになった。

「土曜日にチャンスを逃した。そして、週末を通しても同じだったんだ」とヒュルケンベルグは言う。

「僕のマシンが抱えている問題は、空力面のどこかにおいて、どういう訳か完全に健全ではないということだ」

「レースを終えて、まだ問題があると感じている。まだ100%の状態じゃないんだ。でも、今あるモノでできることをやるしかない」

「でも金曜日にしっかり走れなかったこと、その後に対応する時間がなかったことは……状況的に難しい週末だった」

Nico Hulkenberg, Haas VF-24

Nico Hulkenberg, Haas VF-24

写真: Sam Bloxham / Motorsport Images

 ヒュルケンベルグは次戦スペインGPに向けて、解決策を見つけるために問題を見直すよう、チームに求めた。

「週末を通して、特に僕側のガレージで、1周目からマシンのフィーリングが良くなかったし、満足できなかった。それが僕らの週末を台無しにしてしまったから、何が起きているかを調査する必要がある」

「あのようなことが起きてしまったことで、予選ではもっと良い結果を得ることができなかった。いつも通り良い予選結果で、もっと前からスタートすれば、ポイントを獲得できたはずだからね。チャンスを逃してしまったようなモノだ」

 

前の記事 オコンの後任どうする? アルピーヌが重要視するのは“仲良しコンビ”にあらず「プロフェッショナルなドライバーが必要」
次の記事 F1ラスベガスGP、底力が試されるのは”第2回”? 初開催は成功裏に終わるも「どんなことからも学ぶことがある」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本