F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
23 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
37 days

表彰台が遠い……ヒュルケンベルグの実力を、サインツJr.が太鼓判

シェア
コメント
表彰台が遠い……ヒュルケンベルグの実力を、サインツJr.が太鼓判
執筆:
2019/01/27 5:36

カルロス・サインツJr.は、元チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグがトップチームに移籍すれば、すぐに優勝できると考えている。

 2018シーズンをトップ3チームに次ぐランキング7位で終えたニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)。カルロス・サインツJr.(マクラーレン)は、ヒュルケンベルグがトップチームに移籍すれば、すぐに優勝を争うようになるだろうと語った。

 2017年にルノーに加入したヒュルケンベルグは、チームの再建をリードする立場にいる。その分、表彰台獲得には遠い。ヒュルケンベルグ自身F1での最高位は4位であり、156戦出走で表彰台獲得なしは最長記録となっている。

 2017シーズン途中からルノーに加入し、2018シーズンまでヒュルケンベルグとコンビを組んでいたサインツJr.は、彼について次のように語った。

「僕がルノーに入った時、すでに非常に力強いシーズンを送っていた」

「彼のパフォーマンスは、ここ数年で最高のレベルに達していると思う。僕が思うに彼は、メルセデスやフェラーリ、レッドブルのマシンを与えたら、すぐにレースに勝てるようになると思うドライバーのひとりだ」

「しかし残念ながら、F1の流れから言ってそれを見ることはできないだろうし、そうなると予想することもできない」

「ニコからは多くのことを学んだし、今グリッド上で最も優秀なドライバーのひとりとチームを共有した経験を持って、マクラーレンに行くことにしたんだ」

 ヒュルケンベルグが2019シーズンに初表彰台獲得をするためには、ルノーが大きな進歩を果たす必要がある。

 2018シーズンのルノーは、トップ3チームとの差が歴然としていることを認めていた。しかしルノーを離れたサインツJr.は、チームの進歩を期待している。

「僕はそうなることを望んでいる。それは彼らのエンジンが進歩するということだし、そのエンジンはマクラーレンにも供給される。つまりマクラーレンもその恩恵を得られるんだ」

「ルノーには素晴らしい人材がたくさんいる。(シャシーテクニカルディレクターの)ニック・チェスターのようにトップクラスの人物が、チームに再び勝利をもたらそうとしている」

「彼らの幸運を祈っている。僕はそれがどれだけ難しいプロセスか分かっている。彼らがどれだけのタイムを削ろうとしているのかは分からないが、毎回予選では1秒半から2秒くらいの差がある」

 サインツJr.はヒュルケンベルグと16ポイント差、ランキング10位でシーズンを終えた。トップ3チームに次ぐポジション、つまり中団チームのトップに当たる”トップ・オブ・ザ・レスト”をヒュルケンベルグが6度獲得したのに比べ、サインツJr.は1度のみだった。

 しかしながら、サインツJr.はヒュルケンベルグを高く評価する一方、最終的な結果に対して不満を持っているようだ。

「僕が良い週末を過ごせた時に、獲得できたポイントの量に満足しているわけじゃない」

「最終的なポイント数は、僕が望んでいた数でもないし、自分のパフォーマンスにふさわしいと思うような数でもない」

次の記事
ルノー、2019年型マシンはパワステ以外を全て「一新」

前の記事

ルノー、2019年型マシンはパワステ以外を全て「一新」

次の記事

ボッタスがラリー初挑戦。ステージ優勝含む総合5位でフィニッシュ

ボッタスがラリー初挑戦。ステージ優勝含む総合5位でフィニッシュ
コメントを読み込む