F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
39 days

ヒュルケンベルグ、PUが”セーフモード”に……ルノーは前半戦を良い形で終えられず

シェア
コメント
ヒュルケンベルグ、PUが”セーフモード”に……ルノーは前半戦を良い形で終えられず
執筆:
2019/08/05 9:51

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、パワーユニットがセーフモードになったままの状態でハンガリーGPを戦っていたと明かした。

 ニコ・ヒュルケンベルグは、F1第12戦ハンガリーGPの決勝レース序盤から、パワーユニット(PU)がセーフモードに入ってしまったことで、ポイント獲得の望みが絶たれたと語った。

 第11戦ドイツGPでヒュルケンベルグ、ダニエル・リカルド共にリタイアを喫したルノー。ハンガリーGPでリカバリーするべく、ヒュルケンベルグが11番グリッド、リカルドがPU交換により最後尾20番グリッドから決勝に臨んだ。

 リカルドはオーバーテイクを繰り返して追い上げたものの、ポイント圏内には届かず14位でフィニッシュとなった。

 ヒュルケンベルグの方がポイント獲得の期待は高かったが、レース序盤からPUに問題が発生。セーフモードに入ってしまったことで、パフォーマンスが制限されてしまったのだ。

「僕たちはマシンに苦しんでいた。レースの序盤からエンジン制御に問題があって、1周につき0.3秒ずつ失っていたんだ」

 ヒュルケンベルグはそう語った。

「そのせいでレースが難しくなった。ポイント獲得圏内に入るためのペースがなかったんだ」

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、さらに次のように付け加えた。

「ニコに関しては、ポイント獲得を狙っていたが、エンジンがセーフモードに入ったままで走らなくてはならなかった。そして、ソフトタイヤでスタートしたマシンと比べて、(ミディアムタイヤでスタートしたヒュルケンベルグの)戦略的なアドバンテージも大きくなく、実際に戦略は機能しなかった」

 アビテブールは、リカルドがケビン・マグヌッセン(ハース)との13位争いを最後まで戦ったことが、今回のレースで得られた数少ない成果のひとつだと話した。

「彼は最終コーナーまでマグヌッセンと良い戦いをしていた。彼は降伏しない”ファイター”だということを示していた。シーズン前半戦は、我々の目標をはるかに下回っている。コース上での彼の姿勢は、夏休みに入る我々にとって良いインスピレーションになるはずだ」

次の記事
ハミルトンとの激戦に敗れたフェルスタッペン「メルセデスの”余裕”を見た」

前の記事

ハミルトンとの激戦に敗れたフェルスタッペン「メルセデスの”余裕”を見た」

次の記事

レッドブル、フェルスタッペンを助けられず「素人には戦略ミスに見えるが……」

レッドブル、フェルスタッペンを助けられず「素人には戦略ミスに見えるが……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第12戦ハンガリーGP
サブイベント Race
ドライバー ダニエル リカルド 発売中 , ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble