ハンガリー予選:雨に翻弄された予選。ハミルトンPP、ガスリー6番手

シェア
コメント
ハンガリー予選:雨に翻弄された予選。ハミルトンPP、ガスリー6番手
執筆: 青山 悦子
2018/07/28 15:19

ハンガリーGPの予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

 F1第12戦ハンガリーGPの予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

Q1:雨に翻弄され波乱の展開。フォースインディアQ2進めず

 FP3では気温が30度近くまで上がり、路面温度も60度に間近という灼熱のコンディションとなったハンガリーGP。しかし、予選直前に大雨が降ったため、気温25度、路面温度31度というコンディションに激変。コース上空は一部で青空が広がるも、黒い雲が大きく広がっていた。また路面は濡れており、全車インターミディエイトタイヤでコースに出て行った。

 まずはメルセデス勢がアタックを行い、ルイス・ハミルトンが1分26秒847というタイムをマーク。その後セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分25秒176までタイムを伸ばした。

 徐々に路面は乾いていき、タイヤのオーバーヒートを懸念するドライバーも出る中で、多くのマシンがウルトラソフトタイヤに履き替え始めた。

 Q1の折り返しを迎える頃には、ダニエル・リカルド(レッドブル)がソフトタイヤ、それ以外のドライバーがウルトラソフトタイヤという状況に。早めにタイヤを交換したドライバーから順にトップタイムを更新し始める中、再び雨が降り始めたという無線が飛び交った。

 しかしこの時点では走行に影響を与えるほどの雨ではなく、次第にタイムは上がっていく。終盤は全車がアタックを行い、目まぐるしくタイムシート上の順位が入れ替わった。結局このセッションの最速タイムはベッテルの1分16秒666だった。

 ただひとりソフトタイヤでアタックを行ったリカルドはなんとか12番手でQ2進出。トロロッソの2台やランス・ストロール(ウイリアムズ)、マーカス・エリクソン(ザウバー)らがQ1突破を決めた一方で、フォースインディアは2台揃ってQ1敗退。またシャルル・ルクレール(ザウバー)やストフェル・バンドーン(マクラーレン)らもここで姿を消した。

Q2:リカルド12番手。トロロッソは2台揃ってQ3進出

 15台の中で、ベッテルが唯一インターミディエイトを履いてコースに出た。しかし雨は強まりつつあり、コース後半は路面がすでに濡れている箇所も多く、結局ベッテル以外の全員がウルトラソフトからインターミディエイトに履き替えた。

 そのベッテルは1分28秒636を記録してトップに。しかしこの直後からさらに雨が強くなり、特に最終セクターの辺りでは雨がひどく、スピンやコースアウトするマシンが続出。ストロールはスピンを喫し、ウォールにぶつかってフロントウイングを壊してしまった。

 インターミディエイトでアタックを行うことができた時間は短く、ここでドライバーの明暗が分かれた。セッション後半にはエリクソンをはじめ数台のマシンがウエットタイヤに履き替えたが、当然これ以上のタイムアップは見込めず。リカルドはウエットタイヤに交換してアタックを行うが、結局タイムを伸ばせず12番手に終わった。この他、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、エリクソン、ストロールがQ2敗退。トロロッソ・ホンダ勢は揃ってQ3進出を果たした。

Q3:波乱の予選をハミルトンが制す。ガスリー6番手

 このQ3では全車がウエットタイヤでコースイン。コース上では至るところで大きく水煙が上がるほどのコンディションの中、まずはフェルスタッペンがアタックを行い、1分38秒台のタイムを記録。その後ボッタス、ハミルトン、ライコネンが順にトップタイムを更新し、周回を重ねれば重ねるほどにタイムは上がっていくという状況だった。

 トップ3チーム以外では、ピエール・ガスリー(トロロッソ)が5番手のタイムを記録。するとそれをサインツJr.が上回り、翌周には3番手までタイムを伸ばした。終盤には1アタック作戦のハース勢や今シーズン初めてQ3に進出したブレンドン・ハートレー(トロロッソ)もコースに出て行った。

 最後は全車がアタックを行う中、ボッタスがトップタイムを計測するも、ハミルトンがそれを上回りポールポジションを獲得。結局ライコネンは3番手、ベッテルは4番手だった。

 好タイムをマークしていたサインツJr.は5番手。ガスリーはサインツJr.を上回ることができなかったが、6番グリッドを獲得。ハートレーは自己最高グリッドとなる8番手となり、トロロッソは揃ってシングルグリッドとなった。フェルスタッペンはトロロッソの間を割って7番手に。ハースはケビン・マグヌッセン(ハース)が9番手、前を走るマシンにアタックを邪魔された格好となったロマン・グロージャン(ハース)が10番手だった。

【リザルト】F1第12戦ハンガリーGP:予選

次の F1 ニュース
【動画】F1第12戦ハンガリーGP予選ハイライト

前の記事

【動画】F1第12戦ハンガリーGP予選ハイライト

次の記事

ガスリー大殊勲の予選6位「周りのドライバーたちを苦しめられるはず」

ガスリー大殊勲の予選6位「周りのドライバーたちを苦しめられるはず」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント 土曜日 予選
執筆者 青山 悦子
記事タイプ 予選レポート