“浪人中”のカラム・アイロット、F1昇格に向け「僕は非常に良いポジションにいる」

フェラーリの育成ドライバーであるカラム・アイロットは、今季シングルシーターのレースに参戦していないものの、F1にステップアップするにあたって「非常に良いポジション」にいると感じている。

“浪人中”のカラム・アイロット、F1昇格に向け「僕は非常に良いポジションにいる」

 昨年のFIA F2でランキング2位となったカラム・アイロットは、2021年のF1レギュラーシートを手にすることができなかったため、今季はフェラーリのテストドライバーとしての業務をこなしながら、アルファロメオのセカンドリザーブドライバーとしてFP1に出走するなどしている。

Read Also:

 また、アイロットはそれと並行してスポーツカーレースに参戦しており、フェラーリが支援するチームからGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ・耐久カップに出場している。

 F2時代にタイトルを争ったミック・シューマッハー(ハース)や角田裕毅(アルファタウリ)、そしてニキータ・マゼピン(ハース)がF1に昇格した一方で浪人の身となってしまったアイロットだが、彼はF1へのチャンスがあればすぐに掴みとれる良いポジションにいると考えており、今季のルーキーたちの活躍も自信になっていると語った。

「ユウキはバーレーンで強い印象を残した。良いものを見た」

「これは『ほら、(昨年のF2組は)こういう力を持っているんだ』と言えるし良いベンチマークになる。ミックに関しても、そこまで到達するのに少し時間がかかることは皆分かっているけど、一度そのレベルに到達すればうまくやるだろう。既にペースが良くなってきている」

「彼らは良くやっているし、僕としても『(F2では)このふたりの間にいたんだ!』と言いやすくなった」

「僕は本当に良いポジションにいると思う。確かに1年は待たなければいけない。2年待ったという人も見てきた。僕はGT、そして(F1の)FP1で出来る限りの仕事をすることに集中している。そうすればチャンスは巡ってくるかもしれない」

 アイロットはF1ポルトガルGPのFP1でアルファロメオのマシンをドライブ。これが初めてのF1公式セッション出走となったが、フランスGPでもFP1に出走するものとみられている。

 彼は昨年ランキング2位となったF2に継続参戦することも検討したというが、現在シングルシーターのレースに参戦していないからといって、それがF1昇格にあたっての妨げになるとは考えていない。

#71 Iron Lynx Ferrari 488 GT3: Davide Rigon, Antonio Fuoco, Callum Ilott

#71 Iron Lynx Ferrari 488 GT3: Davide Rigon, Antonio Fuoco, Callum Ilott

Photo by: SRO

「フェラーリとF2チームと(F2参戦について)議論した」とアイロット。

「でもその段階では多くのF2チームのドライバーが決まっていた。そんな中で、またチームを変えて慣れない環境に身を置くのは簡単なことではない」

「僕は昨年、5回のポールポジションと3度の優勝でランキング2位になり、チャンピオンに限りなく近付いた。僕はF2でレースをするのが好きだから、リスクを負いたくないという訳ではないんだけど、そもそも僕が出られるレースはほとんどなかった。1ラウンド3レース制になったことも状況を変えた」

「F1から学ぶべき情報は色々とある。もしF2にフルシーズン参戦していたらそれを最大限に得ることはできなかった」

 

Read Also:

シェア
コメント
”コロナ禍”の2020年は、F1の将来に向け重要な1年……アルファロメオ代表「我々は正しい方向に向かっている」

前の記事

”コロナ禍”の2020年は、F1の将来に向け重要な1年……アルファロメオ代表「我々は正しい方向に向かっている」

次の記事

ザウバーF1、アルファロメオとの提携延長に向けてすでに交渉スタートか「前向きな話し合いができている」

ザウバーF1、アルファロメオとの提携延長に向けてすでに交渉スタートか「前向きな話し合いができている」
コメントを読み込む