F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
16 days

イタリア国内2レース目のF1が実現? イモラとムジェロが開催に興味

シェア
コメント
イタリア国内2レース目のF1が実現? イモラとムジェロが開催に興味
執筆:
協力: Matteo Nugnes
2019/09/12 10:40

イモラとムジェロが、F1レース開催に向け、入札を行うことを検討しているようだ。

 フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝したこともあり、大いに盛り上がった今年のF1イタリアGP。同グランプリの開催地であるモンツァ以外にも、ふたつのサーキットがF1開催を目指して検討しているようだ。

 つい最近まで、F1イタリアGPの将来は不安視されていた。しかし9月4日、モンツァでの同グランプリ開催契約が5年延長されたことが発表され、少なくとも2024年までは、イタリアGPがモンツァで開催され続けることになった。

 ただモンツァ以外にも、イタリア国内でF1開催を目論むサーキットがあるようだ。

 そのひとつはイモラだ。イモラはかつてサンマリノGPを開催していたことで知られているコース。1980年にはイタリアGPの開催地ともなった。2006年の開催を最後に、長らくグランプリは開催されてこなかったが、改修作業を完了させ、F1開催サーキットに求められる”FIAグレード1”のステータスを持っている。

 またムジェロ・サーキットも、F1開催を検討しているという。ムジェロはこれまで、F1を開催したことはないものの、現在のテスト制限が行われるまでは、フェラーリなどいくつかのチームが、ここで頻繁にF1マシンを走らせた。また、2輪MotoGPのイタリアGP開催サーキットでもある。

 来季のF1世界選手権は、全22戦で行われることが決まっている。これは、史上最多の年間開催数だ。にもかかわらず、F1側はさらに開催レースを増やしたいと考えており、理論的にはかつて存在したサンマリノGPのように、イタリア国内で複数のレースが行われる可能性もある。

 イモラ・サーキットの首脳陣は、F1を再び開催するという「挑戦を受け入れる準備ができている」と語った。

「ACI(イタリア自動車クラブ)会長のアンジェロ・スティッチ・ダミアーニが、F1を開催し続けるために行った素晴らしい仕事は、我々のような歴史的なサーキットでも、赤いクルマ(フェラーリ)やF1サーカス全体が戻ってくる可能性を再び開くことになるかもしれない」

 イモラ・サーキットの会長であるウベルト・セルバティコ・エステンセはそう語った。

「このような結果を達成するためには、地域や自治体の完全なサポートが必要不可欠だ。これは、モンツァやムジェロでも同様だ」

 イモラの声明の中には、上記の通りムジェロの名前も登場しているが、ムジェロ側はまだ公式にF1開催を目指す旨を表明したわけではない。しかしムジェロは9月10日、サーキットの活動が地元地域に1億3000万ユーロの経済効果を生み出したとする調査結果を発表した。

 この報告書ではF1開催については言及されていないが、ムジェロのサーキットディレクターであるパオロ・ポリがイタリアの報道機関”Ansa”に語ったところによると、F1は長期的な可能性の選択肢であるという。

「我々の最初の目標は、MotoGPとの契約を更新することだ」

 そうポリは語った。

「その5年後には、F1をトスカーナ(ムジェロ)に誘致することも検討する」

「モンツァが今後数年間、F1を開催する契約を交わしたのと同様に、国家レベルでのパートナーシップが必要になる」

「イタリア国内の他のサーキットとは異なり、ムジェロは国営ではない。2006年から2016年まで、フェラーリはますます高いレベルで世界中の顧客に自分たちを示すべく、このサーキットのインフラの質と、ここで働く人々のプロ意識を高めるため、多大な投資を行ってきたのだ」

Read Also:

次の記事
パンテーラ・チーム・アジアが、F1参戦を真剣に検討中

前の記事

パンテーラ・チーム・アジアが、F1参戦を真剣に検討中

次の記事

「ルクレールの走りが“合法”なら走り方を変える…」ハミルトン、モードチェンジ?

「ルクレールの走りが“合法”なら走り方を変える…」ハミルトン、モードチェンジ?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell