F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
Race まで
12 時間
:
49
:
13
14 8月
次のセッションまで……
4 days
28 8月
次のセッションまで……
18 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
25 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
32 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
46 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
60 days
23 10月
次のセッションまで……
74 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
82 days

イモラ・サーキット、”グレード1”ライセンスを更新。F1代替開催へ向け一歩前進

シェア
コメント
イモラ・サーキット、”グレード1”ライセンスを更新。F1代替開催へ向け一歩前進
執筆:
協力: Jonathan Noble
2020/06/13 3:28

F1開催復活を熱望するイモラ・サーキットは、グレード1のライセンスを更新したことにより、その可能性が高まった。早ければ今季中にも、中止されたフライアウェイ戦の代替レースを開催する可能性がある。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開催カレンダーの大幅な変更を余儀なくされている2020年シーズンのF1。7月5日決勝のオーストリアGPで開幕することは発表されたものの、日本GPを始め数レースのキャンセルが決まった。

Read Also:

 しかしF1のオーナー企業であるリバティメディアは、少なくとも15レースは開催したいとしており、そのためキャンセルされたレースの代替開催地が検討されている。そのひとつが、かつてサンマリノGPを開催していたイモラ・サーキットである。

 F1のグランプリを開催するためには、FIAのグレード1ライセンスを取得している必要がある。イモラの同ライセンスは6月17日で期限切れとなる予定だったが、金曜日(6月12日)に発表された声明によれば、これが更新されたという。

 イモラ・サーキットのウベルト・セルヴァティコ・エステンセ会長は、次のように語った。

「ライセンスの更新に伴い、FIAが要求する全ての基準を備え、F1グランプリも開催できる状態になった。そのような夢が、様々な団体や地域のチームワークによって実現することを願っている」

 イモラでのレースが実現することとなれば、その現実的な日程は9月13日ということになるだろう。これによりベルギー、イタリアと3連戦を形成することになる。ただ同日程では、約100km離れたミサノでMotoGPのサンマリノGPが開催されることになっている。いずれも無観客で行なわれることになると見られるが、同じ日に”サンマリノGP”がふたつ開催されることはないだろう。

 しかしミサノでは、2週連続でMotoGPを開催する予定になっている。そしてその2戦目は”エミリア・ロマーニャGP”と同州の名前になっており、この名称がイモラでのF1に使われる可能性もある。

 イモラの他ムジェロも、イタリアでの2レース目を開催する可能性があるサーキットとして名前が挙がっている。しかしチームスタッフは、人口の多いフィレンツェの街に滞在しなければならないため、安全対策が万全ではない可能性がある。

 

Read Also:

シャンパンファイトが見られない? 今年は”社会的距離”を保つ表彰式に

前の記事

シャンパンファイトが見られない? 今年は”社会的距離”を保つ表彰式に

次の記事

フェラーリ、女性ドライバー育成でFIAと提携。アカデミーに2名を迎え入れ

フェラーリ、女性ドライバー育成でFIAと提携。アカデミーに2名を迎え入れ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper