ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|超高速モンツァに持ち込んだ低ダウンフォース仕様が機能するか?|イタリアGPピット&コース直送便

F1イタリアGPの走行がスタート。各チームは超高速のモンツァに持ち込んだ空力パッケージがうまく機能しているかを確認するために、コース上で様々なチェックを行なった。

F1メカ解説|超高速モンツァに持ち込んだ低ダウンフォース仕様が機能するか?|イタリアGPピット&コース直送便
Listen to this article
AlphaTauri AT03 rear suspension detail

AlphaTauri AT03 rear suspension detail

Photo by: Giorgio Piola

アルファタウリは、リヤホイールのブレーキダクトフェンス内側に、非常に小さなウイングレットを取り付けてきた。これは気流を何らかの位置に当てないようにするための物と考えられる。


Ferrari F1-75 technical detail

Ferrari F1-75 technical detail

Photo by: Giorgio Piola

フェラーリは、FP1の最中にフロアを交換。フランスGP前の仕様と同GP後の仕様の比較テストを行なった。


Ferrari F1-75 technical detail

Ferrari F1-75 technical detail

Photo by: Giorgio Piola

フェラーリのメカニックが、ビブと呼ばれるフロアの先端部およびその下に取り付けられるプランクに作業を施している。


Carlos Sainz, Ferrari F1-75

Carlos Sainz, Ferrari F1-75

Photo by: Glenn Dunbar / Motorsport Images

フェラーリは、通常よりもはるかに薄いリヤウイングを装着。空気抵抗を削減し、最高速を重視しているのがうかがえる。


Red Bull Racing RB18 front wing detail

Red Bull Racing RB18 front wing detail

Photo by: Giorgio Piola

レッドブルは、リヤウイングに加えられた変更に合わせて前後のダウンフォースのバランスを取るために、フロントウイングのフラップの後端を若干削り取ってきた。


Nyck de Vries, Aston Martin AMR22

Nyck de Vries, Aston Martin AMR22

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

アストンマーチンはFP1の序盤に、前輪のアッセンブリーとサイドポンツーンの間に、巨大な空力計測装置を取り付けて走行した。これにより気流のデータを収集し、風洞やシミュレーションと実車との相関関係を確認しているものとみられる。


Lance Stroll, Aston Martin AMR22

Lance Stroll, Aston Martin AMR22

Photo by: Glenn Dunbar / Motorsport Images

ランス・ストロールがドライブするアストンマーチンAMR22。スパでテストされた、超低ダウンフォース仕様のリヤウイングパッケージが装着されている。


Lando Norris, McLaren MCL36

Lando Norris, McLaren MCL36

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

マクラーレンは、FP1で低ダウンフォース仕様のリヤウイングにフロービズペイントを施し、ウイングが期待通りに機能しているかどうかを確認した。


Lewis Hamilton, Mercedes W13

Lewis Hamilton, Mercedes W13

Photo by: Glenn Dunbar / Motorsport Images

メルセデスW13は、リヤウイングのフラップ後端を切り取り、ダウンフォースを削ってきた。翼端板付近は厚めであるものの、そこから傾斜がつけられ、中央部分が薄くなっているのが分かる。だたそんな中でも少しダウンフォースを取り戻すため、フラップ後端にガーニーフラップが取り付けられている。


Lance Stroll, Aston Martin AMR22

Lance Stroll, Aston Martin AMR22

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

アストンマーチンは、低ダウンフォース仕様のリヤウイングの効果を確認するため、フロービズペイントを塗った。後方から見ると、フラップとメインプレーン、そして翼端板の内側に、全体的にフロービズが塗られているのが分かる。


Ferrari F1-75 diffuser with flow-vis paint

Ferrari F1-75 diffuser with flow-vis paint

Photo by: Giorgio Piola

フェラーリはディフューザーの内側、そしてビームウイングにフロービズペイントを塗った。翼端板を見ると、ビームウイングからどのように気流が跳ね上げられているかがよく分かる。


Red Bull Racing RB18 rear wing detail

Red Bull Racing RB18 rear wing detail

Photo by: Giorgio Piola

金曜日のフリー走行1回目でレッドブルのセルジオ・ペレスのマシンに取り付けられたリヤウイングのフラップ。これは、フラップの後端が削り取られた、低ダウンフォース仕様のモノである。ただFP2では、この切り欠きがないモノに変更。フラップ後端位置が、翼端板の後端と揃ったもので、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが使ったモノと同様の仕様になっていた。


Pierre Gasly, AlphaTauri AT03

Pierre Gasly, AlphaTauri AT03

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

アルファタウリは低ドラッグのリヤウイングに合わせ、ビームウイングを通常の2枚から1枚に削減し、さらに空気抵抗を削っている。


Lando Norris, McLaren MCL36, with aero paint applied

Lando Norris, McLaren MCL36, with aero paint applied

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

マクラーレンのビームウイングは2枚。マシンの左側のみにフロービズペイントを塗っている。


Lewis Hamilton, Mercedes W13

Lewis Hamilton, Mercedes W13

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

メルセデスのリヤウイングを後方から。フラップの後端が削られているのがよく分かる。


Alex Albon, Williams FW44

Alex Albon, Williams FW44

Photo by: Glenn Dunbar / Motorsport Images

ウイリアムズも他チーム同様、リヤウイングの後端を削り、その効果を確認するためにフロービズペイントを塗った。ダウンフォースのバランスを取るために、ガーニーフラップが取り付けられているのもよく分かる。


Valtteri Bottas, Alfa Romeo C42

Valtteri Bottas, Alfa Romeo C42

Photo by: Glenn Dunbar / Motorsport Images

アルファロメオも空気抵抗の少ないリヤウイングを採用。これは、スパで使われたのと同様のものだ。ただ、フラップの後端が他チーム同様に削られ、さらに空気抵抗を削減。フラップ後端にガーニーフラップは取り付けられていない。

 
Read Also:

シェア
コメント
ルクレール、F1イタリアGP予選でのポジション争いを予想。スリップストリーム効果減も「価値があるなら使うまで」
前の記事

ルクレール、F1イタリアGP予選でのポジション争いを予想。スリップストリーム効果減も「価値があるなら使うまで」

次の記事

F1イタリアFP3速報:フェルスタッペン最速でルクレール退ける。角田裕毅は8番手

F1イタリアFP3速報:フェルスタッペン最速でルクレール退ける。角田裕毅は8番手