F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
09 時間
:
00
:
58
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

審議ナシ?……Whyジャパニーズジーピー!!!!!!! F1日本GP:注目のチームラジオ集

シェア
コメント
審議ナシ?……Whyジャパニーズジーピー!!!!!!! F1日本GP:注目のチームラジオ集
執筆:
2019/10/18 11:56

F1第16戦日本GPでの無線交信。その中で特筆すべきものをピックアップ。

スライダー
リスト

ベッテルが今季2度目のポール!

ベッテルが今季2度目のポール!
1/10

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

チーム「ポールポジション! ポールポジションだ」
ベッテル「みんなやったよ! グラッツェ ラガッツィ(みんなありがとう)」
チーム「すごいぞセブ、本当にすごい」

日本の期待を背負ったフェルスタッペンだったが……

日本の期待を背負ったフェルスタッペンだったが……
2/10

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ルクレール「ああ、ダメージを受けた」
フェラーリ「了解。チェックしてるところだよ」

レッドブル「レースコントロールによると今回のインシデントは審議にならないみたいだ」
フェルスタッペン「はあ? じゃ、じゃあ僕はどこに行けば良かったんだよ! 彼はアンダーステアで僕の方に向かってきたじゃないか」

ヒュルケンベルグ、自画自賛のロケットスタート

ヒュルケンベルグ、自画自賛のロケットスタート
3/10

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

ヒュルケンベルグ「あのスタート見たかい? 1周目の。あれすごかったぜ」
チーム「あれはすごかったね!」

フロントウイングを壊してもなお走行するルクレール

フロントウイングを壊してもなお走行するルクレール
4/10

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

チーム「BOX、BOX、ピットに入って」
ルクレール「もう少しこのまま走る事はできないか?」
チーム「この周でピットに入らないといけない」
ルクレール「ピットね、了解。でもマシンの調子は悪くないんだ。見た目はあれかもしれないけど、マシンは問題ない」
チーム「ステイアウト、ステイアウトして」
〜その後〜
チーム「BOX、BOX、この周でピットに入らないといけない」
ルクレール「えーと……まあ……問題ないんだけどね」

ハミルトンはチームの戦略に不満タラタラ

ハミルトンはチームの戦略に不満タラタラ
5/10

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

ハミルトン「今どのくらいタイムをロスしてるの?」
チーム「デグ(デグラデーション=タイヤの性能劣化による)が大きい。ベッテルに対してタイムを失っている」
ハミルトン「僕は優勝争いから外れちゃってるよ。デグが大きいならどうしてハードタイヤにしてくれなかったのさ? 誰か説明してくれない?」
チーム「ベッテルは確実にもう一回ピットに入る。だから今はどうなるか様子を見るよ」

ルノー、チームプレーでリカルドを前に

ルノー、チームプレーでリカルドを前に
6/10

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

チーム「君を行かせるよう(ヒュルケンベルグに)言うよ」
リカルド「ありがとう! (前のマシンを)やっつけてくるぜ」

なぜかチェッカーが?

なぜかチェッカーが?
7/10

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

チーム「何らかの理由で(1周早く)チェッカーフラッグが出た。ポジションをキープして」
〜ペレスと接触〜
ガスリー「彼が僕の方へ戻ってきたんだ!」
チーム「プッシュを続けて、プッシュし続けて」

ボッタス、久々の優勝!

ボッタス、久々の優勝!
8/10

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

チーム「やったなバルテリ! 君は最高だ! よくやった!」
ボッタス「ウーホッホー! イエス! この感じ久しぶりだ……ジェームズ(ボウルズ/戦略家)、バルテリだ。よくやってくれたよ、ありがとう」
ボウルズ「素晴らしいスタートだったよ、バルテリ。本当によくやった。最高の勝利だ」
ボッタス「どうも」

ハミルトンの胸中は?

ハミルトンの胸中は?
9/10

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

ウルフ「難しい一日だったけど……我々は6年連続のコンストラクターズチャンピオンを勝ち取ったよ」
ハミルトン「……みんなおめでとう」

トト・ウルフ=メルセデスチーム代表

アルボン、キャリアハイの4位入賞

アルボン、キャリアハイの4位入賞
10/10

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

チーム「P4。よくやった、最高の仕事だ」
アルボン「みんなありがとう。スタートの件はごめんよ」
ホーナー「よくやったアレックス! ポディウムまであとひとつだったね。マクラーレンの前に出た走りは素晴らしかった」

クリスチャン・ホーナー=レッドブルチーム代表

次の記事
“ニッポンのエース”山本尚貴がF1の舞台で示した『チカラ』

前の記事

“ニッポンのエース”山本尚貴がF1の舞台で示した『チカラ』

次の記事

レース終了は”実際のチェッカーフラッグ”が振られた時にすべき……ベッテルの主張

レース終了は”実際のチェッカーフラッグ”が振られた時にすべき……ベッテルの主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
執筆者 Rachit Thukral