鈴鹿FP3速報:ドライからウエットへ移りゆく中、ハミルトンが首位

シェア
コメント
鈴鹿FP3速報:ドライからウエットへ移りゆく中、ハミルトンが首位
2018/10/06 5:25

日本GPのフリー走行3回目が行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

 F1第17戦日本GPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 セッション途中から雨が降り始めたものの、各車スリックタイヤのまま走行を続けた。トップタイムは、ハミルトンの記録した1分29秒599だった。

 2番手はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)で、タイムは1分29秒715。3番手はチームメイトのキミ・ライコネンで、1分30秒054をマークした。

 トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが1分32秒030で13番手、ピエール・ガスリーは1分33秒105で20番手だった。

 終盤には赤旗が出され、セッションはそのまま終了となった。

 セッションの詳細は追って公開する。

 

次の F1 ニュース
ハミルトン、1ストップ戦略に不満「3段階柔らかいタイヤを使うべき」

前の記事

ハミルトン、1ストップ戦略に不満「3段階柔らかいタイヤを使うべき」

次の記事

雨と強風に翻弄されたFP3、ハミルトンがトップを堅持

雨と強風に翻弄されたFP3、ハミルトンがトップを堅持
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
記事タイプ 速報ニュース