F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
08 時間
:
37
:
20
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

チェッカーフラッグが“フライング”!? 幸運のペレス、9位入賞へ

シェア
コメント
チェッカーフラッグが“フライング”!? 幸運のペレス、9位入賞へ
執筆:
2019/10/13 8:58

F1日本GPでは、当初の予定より1周早くチェッカーフラッグが表示されてしまい、52周終了時の順位が正式結果となった。

 鈴鹿サーキットで行われたF1日本GPの決勝レースは53周で競われる予定であった。しかしながら、それよりも1周早い52周終了時に、電光掲示においてチェッカーフラッグが表示されてしまった。

 F1のレギュレーションではチェッカーフラッグが表示されると直ちにレースが終了することが厳格に定められているため、52周終了時の順位が正式なリザルトとして認められることになった。

 F1のスポーティングレギュレーション第43.2条にはこう記されている。

「いかなる理由にせよ、先頭車両が所定の周回数を完走する前、または規定の時間が経過する前にレース終了の合図が出された場合は、その合図が出される前に先頭車両がラインを最後に横切った時点でレースは終了したものとみなされる」

 これによって上位のオーダーが入れ替わることはなかったが、最終ラップでピエール・ガスリー(トロロッソ)と絡んでコースオフしたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)にとっては幸運であった。ペレスは結果的に9位入賞を手にした。

 また、なぜ電光パネルでチェッカーフラッグが早く表示されてしまったかについては、原因がはっきりしておらず、F1レースディレクターのマイケル・マシは”システムエラー”が起きたと説明している。

 このようなケースは今回が初めてではない。2018年のカナダGPでは、ゲストのウィニー・ハーロウが誤ったタイミングでチェッカーフラッグを振ってしまい、残り2周時点での順位が正式結果となった。

Read Also:

次の記事
ベッテルの“疑惑のスタート”はなぜお咎めなしだったのか? FIAが理由を説明

前の記事

ベッテルの“疑惑のスタート”はなぜお咎めなしだったのか? FIAが理由を説明

次の記事

「無責任だ」日本GPリタイアのフェルスタッペン、接触のルクレールを批判

「無責任だ」日本GPリタイアのフェルスタッペン、接触のルクレールを批判
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
サブイベント Race
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Jonathan Noble