30回目の鈴鹿F1開幕! FP1ではハミルトンがトップタイム

シェア
コメント
30回目の鈴鹿F1開幕! FP1ではハミルトンがトップタイム
執筆: 吉田知弘
2018/10/05 4:21

2018年のF1日本GPが10月5日、鈴鹿サーキットで開幕。フリー走行1回目はルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 今年で30回目を迎えた鈴鹿サーキットでのF1日本GPがついに開幕。初日から多くのファンが詰めかけるなか、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が、早くも1分28秒台をマークする速さをみせ、セッショントップを飾った。

 台風25号の接近が懸念される鈴鹿サーキット。昨日から雨模様になっていたが、金曜日のフリー走行1回目でもセッション開始直前になって雨が落ちるシーンもあったが、ドライコンディションの状態でセッションスタートを迎えた。また、初日のセッション1回目にも関わらず、日本GPを楽しみにしていた多くのファンが朝早くから来場。1、2コーナーやヘアピン、シケインのスタンドはほぼ満員状態になるなど、早くも熱気に包まれていた。

 気温21度、路面温度24度の午前10時にグリーンシグナルが点灯すると、カルロス・サインツJr.(ルノー)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の順に続々とコースイン。そのほとんどがウイングやボディにセンサーをつけて、データを収集していた。なお、マクラーレンはストフェル・バンドーンに代わってランド・ノリスがフリー走行1回目を担当している。

 開始5分を過ぎて、まずタイムを記録したのがダニエル・リカルド(レッドブル)。ソフトタイヤで1分30秒651をマークした。続いてマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分30秒298を記録すると、開始15分のところでリカルドが1分30秒030をマークしてトップタイムを更新。セッション序盤はレッドブルの2人が積極的に周回を重ねる流れとなった。

 開始20分を過ぎるとチャンピオン争いをするフェラーリ勢、メルセデス勢の4台がコースイン。その中でもフェラーリの2台はスーパーソフトタイヤを装着していたのに対し、ハミルトンはミディアム、バルテリ・ボッタス(メルセデス)はソフトタイヤを装着するなど1セット目のタイヤ選択が、それぞれ異なった。その中でも速さを見せたのがボッタス。早くも1分30秒台を切り、1分29秒842をマークした。

 セッション開始から35分。シケインで、ちょうどタイムアタックのために間隔をあけようとしていたピエール・ガスリー(トロロッソ)と全開でシケインに飛び込もうとしたハミルトンが交錯。幸い接触はなかったが、ハミルトンはシケインをオーバーランしてしまった。なお、このインシデントに関してセッション後に審議をするとレースコントロールが明らかにした。

 開始40分を迎えるところで各車が続々とピットイン。タイヤを替えたり、セッティングの変更を行った。セッション後半に入って、真っ先にコースインしたのがアロンソ。ミディアムタイヤを装着してタイム計測に臨んだが、デグナー1つ目でスピンを喫してしまった。

 その他のマシンも続々とコースイン。ここでタイムを上げたのがメルセデス勢で、まずはミディアムに履き替えたボッタスが1分29秒137を記録すると、ソフトを装着したハミルトンが1分28秒691を叩き出し、トップに浮上した。その直後、ガスリーが2コーナーでコースオフ。彼は自力でコースに復帰した。その後はしばらくピット内での作業を強いられたが、残り30分を切ってコースイン。1分31秒162で12番手につけた。

 セッション終盤は各車ともロングランを中心としたプログラムをこなしていたようで順位の変動はなく、11時30分にセッション終了。ハミルトンが早くも昨年の予選Q2の上位に匹敵するタイムをマークし、フリー走行1回目をトップで終えた。2番手にはボッタス、3番手にはリカルドが続いた。

 逆転チャンピオンに向けても後がなくなってきたフェラーリ勢はライコネンが4番手、ベッテルが5番手。スーパーソフトを装着しての走行が中心だっただが、トップから0.9秒も離される結果となってしまった。

 ホンダのパワーユニットを搭載するトロロッソはガスリーが11番手、ブレンドン・ハートレーが17番手となった。

【リザルト】F1第17戦日本GP:フリー走行1回目

次の F1 ニュース
”最後の鈴鹿”をじっくり噛みしめるアロンソ「鈴鹿はすべてが特別」

前の記事

”最後の鈴鹿”をじっくり噛みしめるアロンソ「鈴鹿はすべてが特別」

次の記事

トロロッソのガスリー、FP1でのハミルトン走行妨害で戒告処分

トロロッソのガスリー、FP1でのハミルトン走行妨害で戒告処分
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
サブイベント 金曜日 フリー走行1回目
執筆者 吉田知弘
記事タイプ フリー走行レポート