F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

フェルスタッペン親子に焦り?「来年も”失われた1年”になってしまう」

シェア
コメント
フェルスタッペン親子に焦り?「来年も”失われた1年”になってしまう」
執筆:
2019/10/01 23:50

マックス・フェルスタッペンの父親であるヨスは、2020年がまた”失われた年”になってしまうと、チームに改善を要求した。

 マックス・フェルスタッペンの父親で、元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダが改善することができなければ、息子がF1チャンピオンを狙う上で2020年も”失われた年”になってしまうと語った。

 今季前半で2勝を挙げたマックス・フェルスタッペンは、すでにチャンピオン争いができるほど成熟したF1ドライバーだと考えられている。しかし、夏休み明けからの4レースで表彰台獲得は1度と、メルセデスやフェラーリとの差を詰めることはできていない。

 元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペンはチームの進歩の欠如について、焦っていると示唆した。

 オランダのTV番組に出演したヨス・フェルスタッペンは、チームが前進できていないことを懸念していると話した。

「今年は(トップ2チームとの)ギャップを埋めることが期待されていたが、まだそうなっているようには見えない」

「我々は一生懸命努力しなければいけないし、ギャップを縮めるためにチームは変わらなくてはいけない。そうでなくては、来季も”失われた1年”になってしまう」

「私はそれを心配している、チームがチャンピオンシップを戦えるように、いくつかの変更を加える必要がある」

「最近の数レースを考えると、我々は0.5秒遅れている。もちろん彼らもギャップを埋めるためにできる限りのことをしているが、(日本GPまでの)2週間で0.5秒を縮めることはできない」

 ヨス・フェルスタッペンは、息子がフラストレーションを溜めている兆候に気づいたとも語った。

「現時点で、マックスにできることは多くない。チーム次第だからだ」

「我々はクルマの面で少し遅れており、エンジンでも少し遅れている。来年のチャンピオン争いに参加したいのであれば、これらのことにもっと一生懸命取り組む必要がある」

「直近の2レースで、マックスがクルマから降りてインタビューを受けたところを見ると、マックスもフラストレーションを感じているのが分かるだろう」

「彼はできる限りのことをしているが、これは彼にはどうにもできないことだ。それがとても難しいんだ。彼を良いクルマに乗せれば、彼はチャンピオン争いをするだろう。我々は何年かレッドブルにいるが、来年チャンピオン争いができるようには見えない」

 マックス・フェルスタッペンとレッドブルの契約期間は2021年までだ。しかし、チームが改善されなければ、彼が移籍を選ぶ可能性があることはライバルチームもよく分かっているはずだ。

Additional reporting by Casper Bekking

Read Also:

次の記事
正直者はバカを見る!? クビアトのヘルメットは「聞かれたから却下した」

前の記事

正直者はバカを見る!? クビアトのヘルメットは「聞かれたから却下した」

次の記事

ハースF1”ボス”のシュタイナー、暴言がFIAの調査対象に?

ハースF1”ボス”のシュタイナー、暴言がFIAの調査対象に?
コメントを読み込む