ロズベルグ親子、モナコGP木曜にタイトル獲得マシンでランデブー走行

シェア
コメント
ロズベルグ親子、モナコGP木曜にタイトル獲得マシンでランデブー走行
執筆: Scott Mitchell
2018/05/23 10:12

ケケとニコのロズベルグ親子は、それぞれがF1タイトルを獲得した時のマシンに乗り、モナコGP木曜日にランデブー走行を披露するという。

World Champion Keke Rosberg
Nico Rosberg
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Keke Rosberg, Williams FW07C-Ford Cosworth
Nico Rosberg, Formula 1 World Champion, Formula E investor, drives the Formula E track car

 ケケとニコのロズベルグ親子は、モナコGP木曜日のフリー走行1回目終了後に、それぞれがチャンピオンに輝いた際のマシンでデモランを披露することが明らかになった。

 ケケ・ロズベルグは、1982年にタイトルを獲得した際にドライブしたウイリアムズFW07Cを、ニコ・ロズベルグは2016年にチャンピオンになった時のメルセデスW07を、それぞれモンテカルロ市街地コースで走らせる。

 なおケケは、2010年のバーレーンGPでも、このFW07Cを走らせている。

 ニコは火曜日にツイッターを更新。ビデオメッセージで、父親と共にモナコを走ると語った。

「木曜日のランチタイムに、僕は親父と一緒にドライブすることになる」

 そうロズベルグは語った。

「僕らは共に、F1世界選手権を制した時のマシンに乗る。親父は1982年のマシンに、僕は2016年のマシンにね」

「僕らは一緒に何周かモナコを走って、人々を驚かせるつもりだ」

「とても楽しくなると思うし、本当に楽しみにしている」

 ニコは2013年にモナコGPを初めて制した。これは父ケケがモナコで勝ってから、ちょうど30年後のことだった。彼らは、このグランプリを揃って勝利した、最初の親子ということになった。

 ニコ・ロズベルグは、先週ベルリンで、フォーミュラEの第2世代マシンをデモ走行した。つまり、2週連続で印象的な走行を行うということになる。

次の F1 ニュース
アストンマーチン、F1参入プロジェクトは”本格化している”と明かす

前の記事

アストンマーチン、F1参入プロジェクトは”本格化している”と明かす

次の記事

マクラーレン、300億円分の株売却。ニコラス・ラティフィ父が新株主に

マクラーレン、300億円分の株売却。ニコラス・ラティフィ父が新株主に

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
ロケーション モンテカルロ
ドライバー Keke Rosberg , ニコ ロズベルグ
チーム メルセデス , ウイリアムズ
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース