F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
9 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
16 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
51 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
65 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
93 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
100 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
114 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
121 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
135 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
149 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
156 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
170 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
184 days

次代のF1を率いるのは誰だ? フェラーリCEO「元チーム代表は適任じゃない」

シェア
コメント
次代のF1を率いるのは誰だ? フェラーリCEO「元チーム代表は適任じゃない」
執筆:
2020/01/06 8:11

フェラーリCEOのルイス・カミッレーリは、元チーム代表がF1を率いる立場に立つべきではないと主張している。

 フェラーリCEOのルイス・カミッレーリは、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフのように、チームに関わっていた人物がF1において重要な役割を担うことを、各F1チームは納得しないだろうと語った。

 2016年にリバティ・メディアがF1のオーナーとなり、2017年からチェイス・キャリーがフォーミュラ1グループのCEOに就任した。彼が現在の役割を今後も続ける可能性もあるものの、2021年以降新たな人物がCEOに就任するのではないかと考えられている。

 キャリーの後任候補だと噂されているのが、現在メルセデスのチーム代表を務めているウルフだ。しかし本人は否定的であり、こうした噂が立つ背後には何らかの”意図”があるのではないかとコメントした。

 フェラーリのCEOであるカミッレーリは、ウルフのような元チーム代表がF1を率いる立場に就く可能性があることについて、意見を求められると次のように語った。

「過去数年以内に特定のチームで重要な役割を果たしていた人物は、認識しているかどうかに関わらず、利害の対立を生んでしまう」

「だから、最終的に誰がF1を率いるべきか考えた時に、個人的には良いことではないと思う」

 キャリーのリーダーシップの下、F1はベトナムGPの新規開催やオランダGPの復活を実現したが、主要スポンサーの増加という目標を達成することは困難だった。

 しかしながら、カミッレーリはモータースポーツのバックグラウンドを持っていないキャリーが、”かなり良い仕事をした”と評価した。

「彼はエンターテイメント業界からやってきた。F1のバックグラウンドを持っていなかったんだ」

「CEOは必要だと思う。なぜなら、F1は公開企業だからだ。そして彼(キャリー)はエンターテイメントビジネスの経験を持っている」

「最終的にチェイスの後継者が誰かを決定するのはグレッグ・マフェイ(リバティの会長兼CEO)だ。だが私の感覚では、マッティア(ビノット/フェラーリのチーム代表)がキャリーの後任となった場合、他のチームはあまり納得しないだろう。それが当然だ」

 フェラーリはF1側との取り決めによって、ルールがF1にとって最大の利益にならないと考えられる場合、拒否権を行使できる。ただしこれは通常、レギュレーションに関する議論の中で行使されるものだ。

「拒否権は最後の手段だ」と、カミッレーリは述べた。

「それを使うような場面に直面した場合、我々は自分たちの立場をリバティの人々、特にグレッグに明確に説明し、建設的な会話ができると思う」

Read Also:

次の記事
ミック・シューマッハーはF1にたどり着けるか。フェラーリ代表は成長に期待

前の記事

ミック・シューマッハーはF1にたどり着けるか。フェラーリ代表は成長に期待

次の記事

最年少F1王者へ。フェルスタッペン「レッドブルはタイトル挑戦への“土台”を築いた」

最年少F1王者へ。フェルスタッペン「レッドブルはタイトル挑戦への“土台”を築いた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Scott Mitchell