F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
24 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
38 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
53 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
66 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
80 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
87 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
101 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
108 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
122 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
136 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
143 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
157 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
171 days

クビサがテスト後半初日の首位に。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2番手

シェア
コメント
クビサがテスト後半初日の首位に。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2番手
執筆:
2020/02/27 0:58

スペインのカタルニア・サーキットで、F1プレシーズンテスト後半が開催された。その初日にトップタイムとなったのはアルファロメオのロバート・クビサだった。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2番手に続いた。

 F1プレシーズンテストの後半が、スペインのカタルニア・サーキットで開始された。その初日は、アルファロメオのロバート・クビサがトップタイムとなった。

 アルファロメオは今季から開発ドライバーにクビサを起用。午前中にクビサがステアリングを握ると、最も柔らかいC5タイヤで1分16秒942をマーク。結局午後になってもこのタイムを超えてくるドライバーは現れず、初日を通してのトップタイムとなった。

 午後にアルファロメオはキミ・ライコネンへマシンを託したが、ライコネンは1分29秒820で16番手タイムに留まった。

 2番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが続いた。C3タイヤで1分17秒347を記録した。

 午後の走行を担当したフェルスタッペンは順調に走行を重ね、84周を走破。なお彼はセッション残り5分という段階で、ターン10でマシンをスピンさせてしまった。結果的に赤旗が掲出され、セッションはそのまま終了した。

 また、フェルスタッペンはピレリが持ち込んだF1オランダGPの“バンク”対策用タイヤを使用した際にもスピンを発生させている。

 3番手につけたのは“ピンク・メルセデス”ことレーシングポイントのセルジオ・ペレス。セッション残り30分を切った段階で、C3タイヤでタイムを詰めた。

 テスト後半初日に最も多く走行を重ねたのはメルセデスだった。ルイス・ハミルトンが89周、バルテリ・ボッタスが90周の計179周を走破している。タイムはハミルトンが7番手、ボッタスが9番手につけた。

 またハースのロマン・グロージャンが107周と多くの周回をこなしている。ハースはこの日、グロージャンのみがステアリングを握っており、彼は最終的に16番手タイムを記録した。

 フェラーリも初日にセバスチャン・ベッテルが84周、シャルル・ルクレールが80周と精力的に走行を重ねた。午前担当のベッテルは10番手、午後のセッションを担当したルクレールは13番手タイムとなった。

 

Read Also:

F1プレシーズンテスト後半 初日リザルト

Pos. Driver Team Engine Time Laps
1 Robert Kubica Alfa Romeo Ferrari 1:16.942 53
2 Max Verstappen Red Bull Honda 1:17.347 84
3 Sergio Perez Racing Point Mercedes 1:17.428 84
4 Daniil Kvyat AlphaTauri Honda 1:17.456 61
5 Pierre Gasly AlphaTauri Honda 1:17.540 25
6 Alexander Albon Red Bull Honda 1:17.550 29
7 Lewis Hamilton Mercedes Mercedes 1:17.562 89
8 Lance Stroll Racing Point Mercedes 1:17.787 43
9 Valtteri Bottas Mercedes Mercedes 1:18.100 90
10 Sebastian Vettel Ferrari Ferrari 1:18.113 84
11 Daniel Ricciardo Renault Renault 1:18.214 53
12 Carlos Sainz McLaren Renault 1:18.221 46
13 Charles Leclerc Ferrari Ferrari 1:18.244 80
14 Nicholas Latifi Williams Mercedes 1:18.300 48
15 George Russell Williams Mercedes 1:18.535 59
16 Romain Grosjean Haas Ferrari 1:18.670 107
17 Lando Norris McLaren Renault 1:18.826 57
18 Kimi Raikkonen Alfa Romeo Ferrari 1:19.515 51
19 Esteban Ocon Renault Renault 1:21.542 74

次の記事
トラブルによる遅れを挽回。アルファタウリのクビアト「マシンへの理解深められた」

前の記事

トラブルによる遅れを挽回。アルファタウリのクビアト「マシンへの理解深められた」

次の記事

フェラーリ、過去にDASを思いつくも開発せず「合法性を確信できなかった」

フェラーリ、過去にDASを思いつくも開発せず「合法性を確信できなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Barcelona February testing II
ドライバー ロバート クビサ
チーム Alfa Romeo
執筆者 Jake Boxall-Legge