F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

ウイリアムズ待望のアップデート搭載も……クビサは”壊れやすいパーツ”に不満げ

シェア
コメント
ウイリアムズ待望のアップデート搭載も……クビサは”壊れやすいパーツ”に不満げ
執筆:
2019/07/27 8:49

ウイリアムズのロバート・クビサは、ドイツGPのFP1開始早々にボディワークの一部を失ってしまったと、不満を口にした。

 苦戦が続くウイリアムズは、ドイツGPに新たなアップデートパーツを持ち込んだ。まずはそれをロバート・クビサのマシンに搭載し、金曜日のフリー走行に臨んだ。

Read Also:

 しかしクビサは、パーツの破損によって走行時間をロスし、妥協を強いられた一日になったと言う。

「今日は簡単な一日にならなかった。インスタレーションラップの時点ですでに妥協を強いられていたんだ」と、彼はmotorsport.comに語った。

「マシンにパーツが付いたままにしておくためには、いくつかのパーツを直したり、全てを修正する必要がある。何かが壊れるのは、前戦に続いて連続だ」

「ガレージを出てインスタレーションラップをしている時、すでに妥協を強いられていた。僕たちにとって、セットアップのプログラムはとても重要だけど、すぐにその影響を受けてしまったんだ」

「それ(パーツ)が直ることを願っている。少し脆すぎたんだ。だから僕たちは、パーツが外れないようにしなくちゃいけない。そして、明日がより良い一日になることを願っている」

 クビサは、アップデートパッケージによってもたらされた改善について、評価を下すのは難しいと話した。

「(前戦イギリスGPと)コンディションも完全に違うし、トラックも違う。タイヤの作動温度領域も違うんだ。だから判断するのは不可能だ」

「もちろん、僕が感じたフィーリングというものはあるけど、気温18度だったシルバーストンと、38度になったホッケンハイムを比較するなんて、”魔法の水晶玉”でもなければ不可能だ」

 チーム副代表のクレア・ウイリアムズは、ホッケンハイムにパーツが届く土曜日からは、ジョージ・ラッセルもアップデートパッケージを使用する予定だと認めた。

 この件について、ラッセルは「言うまでもなく、パフォーマンス向上を楽しみにしている」とmotorsport.comに話した。

「僕は常にそれを待ち望んでいるんだ。しかし今日の時点では、どこが改善されたかを正確に知るのは非常に困難だ」

「僕たちは(クビサと)走行プランが異なっていたので、直接比較は難しい。でも、第一印象は比較的期待通りだった」

「(金曜日は)典型的なコンディションではなかったと思う。それは誰にとっても同じことだ。僕たちはいくつかのことを学んだ。今夜はロバートがテストしたパーツについて、評価をするつもりだ」

次の記事
好調、でもまだやるべきことがマクラーレンにはある……新人ノリスの提言

前の記事

好調、でもまだやるべきことがマクラーレンにはある……新人ノリスの提言

次の記事

ウイリアムズ、クビサのマシンにダメージ発見。シャシー交換を実施

ウイリアムズ、クビサのマシンにダメージ発見。シャシー交換を実施
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
サブイベント FP2
ドライバー ジョージ ラッセル , ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper