F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
28 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
42 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
56 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
70 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
77 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
105 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
112 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
133 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
147 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
161 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
196 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
210 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
217 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
231 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
245 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
252 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
266 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
280 days

準備が遅れた特別仕様ステアリング、ようやくクビサの手に……

シェア
コメント
準備が遅れた特別仕様ステアリング、ようやくクビサの手に……
執筆:
2019/10/05 7:08

ウイリアムズのロバート・クビサは、イタリアGP以降新型のステアリングホイールを使用している。この完成は当初の予定よりも遅れたものの、右手に大怪我の後遺症を持つクビサにとっては、非常に有益なことだったようだ。

 今季ウイリアムズからF1復帰を果たしたロバート・クビサ。彼は2011年始めにラリー参戦中に大クラッシュを起こし、右腕に大怪我を負った。

 この怪我の後遺症により、彼の右腕はボタンやダイヤルを操作するのが難しい状況。そのためクビサは今年のはじめからずっと、ステアリングの左側に、スイッチ類を移動させるようチームに求めてきた。

Read Also:

 しかし今季のウイリアムズのマシンは大失速。そのためチームは、ステアリングホイールの改良よりも、シャシーや空力面の改善に注力。クビサの特別仕様ステアリングホイールの完成は遅れに遅れた。

 しかしクビサは、イタリアGPからついにそれを手にした。チームはこのステアリングホイールにより、クビサがマシンから多くのモノを引き出すことができるようになることを望んでいる。

 この変化についてクビサは、次のように語った。

「それは助けになった。そのハンドルは、シーズン当初から手にしているべきモノだった。でも、予定より遅れて手にできたんだ」

「違いは、右側にあったふたつのボタンが左側に移動しているということだ。そして、左側にパドルが追加された」

 ウイリアムズのシニア・レースエンジニアであるデイブ・ロブソンは、クビサに新しいステアリングを用意する計画は常にあったと言う。しかしながら、開発の優先順位についてバランスを取る必要があったため、その投入が遅れることになったと説明した。

「マシンが遅い時、そうなることもある。またシーズンの早い段階だったため、ひとりのドライバーにのみ適したアップグレードを施すということを正当化するのは非常に難しいのだ」

 ロブソンはそうmotorsport.comに対して語った。

「それが、我々が直面したことだ。新しいステアリングホイールや新しいフロントウイングを作らなければならないという状況に直面した際、どうそれに対処するだろうか? それは簡単なことではない。確かにロバートを手助けすることはできなかったが、残念なことにそれは我々が対処しなければならなかったことのひとつに過ぎない」

 ロブソン曰く、新しいステアリングホイールが、クビサのラップタイムに与える影響はそれほど大きくないだろうという。しかし古いステアリングホイールで悩まされていたことを緩和するには、確実に役立ったようだ。

「全ての機能に簡単にアクセスできるようになった。特にジョージ(ラッセル)は、1周する間にスイッチの操作など、とても多くのことを行う。そのことは、彼を助けているんだ。この新しいステアリングにより、ロバートは様々な機能にアクセスしやすくなったはずだ」

「ラップタイムへの影響は、ほんの飾り程度でしかないと思う。ラップタイムの観点から言えば、小さいモノだろう。しかし実際のラップタイムのロスよりも、彼にとっての苛立ちを解消するという意味合いの方が多いと思う」

Read Also:

次の記事
フェラーリ、2020年向けの開発パーツを前倒し投入。”復活”の原動力に

前の記事

フェラーリ、2020年向けの開発パーツを前倒し投入。”復活”の原動力に

次の記事

カンポス、パンテーラ……相次ぐF1新規参入計画。F1側は「真剣な議論はない」

カンポス、パンテーラ……相次ぐF1新規参入計画。F1側は「真剣な議論はない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble