F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

クビサ、アゼルバイジャンGP決勝はピットレーンスタートを選択

シェア
コメント
クビサ、アゼルバイジャンGP決勝はピットレーンスタートを選択
執筆:
2019/04/28 9:13

ロバート・クビサは、F1アゼルバイジャンGPの決勝レースを、予選クラッシュの影響によりピットレーンからスタートすることになった。

 ウイリアムズのロバート・クビサは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1終盤にターン8でクラッシュしてしまった。クビサはターンインが”早すぎ”、イン側のウォールに接触。これで左フロントサスペンションを壊してしまい、アウト側のウォールに突き刺さってしまった。

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーがピットレーンスタートとなることで、19番グリッドからスタート予定だったクビサ。しかし、ピットレーンからレースをスタートすることに決めたようだ。

 チームはこの決断について「レースに向けて、セットアップ変更を行うため」と説明している。

 クビサは土曜日に、まだ今季用マシンFW42に自信を持てていないと語った。そして十分なマージンを残さなかったことが、クラッシュの原因だと説明した。

 またレースについては、混乱することが多いレースだということを考えれば、トラブルに巻き込まれるのを避け、レースを走りきるのが重要だと語った。

「ここでは何でも起こり得る。チェッカーフラッグを確実に受けなければならないグランプリのひとつだ」

 そうクビサは語った。

「多くのセーフティカーや多くのアクシデントがあっても、そこにいなければいけない。そして、少し幸運も必要だ。間違いなく、いろんなことが起きるコースだ。残念ながら、予選では僕も含め、そんなシーンを見ることになった」

次の記事
Q2敗退はフラストレーション……アルボン、敗因は“路面温度への適応”?

前の記事

Q2敗退はフラストレーション……アルボン、敗因は“路面温度への適応”?

次の記事

トロロッソ代表、ホンダ新PUに高評価「我々を抜くのは簡単じゃないだろう」

トロロッソ代表、ホンダ新PUに高評価「我々を抜くのは簡単じゃないだろう」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
サブイベント Race
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Valentin Khorounzhiy