トロロッソ代表”かつて信頼を失った”クビアトの、来季復活を確信

シェア
コメント
トロロッソ代表”かつて信頼を失った”クビアトの、来季復活を確信
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/11/04 23:05

トロロッソのフランツ・トスト代表は、来季チームに復帰するダニール・クビアトの成功を確信していると語る。

 トロロッソのフランツ・トスト代表は、来季からチームに復帰することが決まっているダニール・クビアトについて、かつてはお互いに信頼を失ってしまっていたと認めつつも、来季の活躍を確信していると語る。

 昨シーズン途中でトロロッソを解雇される形となったクビアト。しかしクビアトは、来季からチームに復帰し、再びF1を戦うことになっている。

 トスト代表はクビアトについて、以前トロロッソに所属していた際には、当時の周辺状況も相まって、クビアトにとっては非常に難しいことになってしまっていたと認める。

「我々は彼のことを良いドライバーとして評価していたから、とても歓迎したんだ。でも、最終的には期待どおりに機能しなかった」

 トスト代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「多くのクラッシュもあったし、マシンも競争力が不足し、その上ドライブしやすいものではなかった。その上で、満足にサポートを得ることができていなければ、難しい状況になってしまう」

「2017年にクビアトを手放すというのは、非常に難しい決断だった。でも、お互い信頼を失ってしまったと感じていたから、当時は最善の決断だったと思う」

「ダニールは我々の仕事に満足していなかった。我々もいくつかのレースで、(クビアトの仕事ぶりに)満足できていなかった。いつでも同じだけど、期待どおりに成功しなければ、お互いにたくさんの疑問を抱えてしまうんだ」

 トスト代表は、クビアトがフェラーリの開発ドライバーとして今年1年を過ごしたことで、さらなる可能性が生まれたのではないかと考えている。

「クビアトがもう一度チャンスを得て、そしてそれを活かすことを本当に願っている」

 トストはそう語った。

「彼はF1を走るのに値するドライバーだ。彼はとても速い。そしてこの1年間の休息は、彼の全てをまとめ上げ、彼の真の才能と能力、そしてスピードを発揮するのに大いに役立つだろう」

「彼に良いマシンを提供することができれば、良い結果をもたらしてくれるだろうと確信している」

次の記事
ベッテル「来年はルクレールとの協力が不可欠。覇権争いは間違い」

前の記事

ベッテル「来年はルクレールとの協力が不可欠。覇権争いは間違い」

次の記事

フェラーリ、重要スタッフ離脱の噂は”フェイクニュース”だと憤り

フェラーリ、重要スタッフ離脱の噂は”フェイクニュース”だと憤り
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニール クビアト 発売中
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース