F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
1 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
8 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
23 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
29 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
36 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
50 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
57 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
78 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
106 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
113 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
127 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
141 days

F1は金曜の走行をやめるべき? トロロッソ・ホンダのクビアトが主張

シェア
コメント
F1は金曜の走行をやめるべき? トロロッソ・ホンダのクビアトが主張
執筆:
2019/05/07 0:24

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1チームは既に多くの知識を手にしているため、金曜日の走行をやめるべきだと考えている。

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1は金曜日に走行する必要がないと考えている。

 先日行われたF1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルが固定が緩んだマンホールの蓋に激突し、マシンを大破させるという事件が起きた。この事件をきっかけに、コース上の全マンホールをチェックするため、当該セッションは中止。各チームは走行時間を失うこととなった。

 しかし結果的には、セッション中止による影響はほとんどなかった。そのため、F1のイベントを2日間に短縮するべきだという議論が再燃した。

 トロロッソのクビアト曰く、金曜日に走らず、土曜日にフリー走行を1回だけ行う形にしても、チームに大きな影響が及ぶことはないだろうと示唆している。

「おそらく僕らは、土曜日から走るようにする必要があると思う」

 クビアトはそう語った。

「それだけだ。正直なところ、すでに走ったことのあるコースについては、よく理解している」

「ベトナムなど、新しいサーキットでは、追加のフリー走行を設ける必要があると思う。おそらくね。でも、そうなるかどうかは分からない」

「F1で決定権を持つ人たちが、何が最良の形で、何がそうではないと考えるか次第だ。ドライバーについては、ひとりひとりが違う。誰かは5時間(サーキットを習得するのに)かかるかもしれない。でも僕は違う」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、将来F1の開催レース数が増えれば、ウィークエンドが2日間に変更されるのは、意味があることになると考えている。

「それは、我々が年間に何レースすることになるか次第だろうと思う」

 そうホーナー代表は語る。

「レース数が増えた場合、時間を短縮する必要があるはずだ」

「バクーでは、金曜日に1セッションやるだけでも十分だということを見ることができた。だから、1回の良いセッションを行うという形が、進むべき道だ。そして、パーツと人々は、少し遅れて良くなることができるだろう。週末には1セッションで十分だ」

次の記事
フェルスタッペンの移籍は無い! レッドブルのホーナー代表が自信を示す

前の記事

フェルスタッペンの移籍は無い! レッドブルのホーナー代表が自信を示す

次の記事

F1にとって良くない! ハース代表、タイヤの”影響力”の大きさを懸念

F1にとって良くない! ハース代表、タイヤの”影響力”の大きさを懸念
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニール クビアト 発売中
執筆者 Jonathan Noble