F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

アルファタウリ、イギリスGP初日は生産的な1日。クビアトはギヤボックス交換でペナルティ

シェア
コメント
アルファタウリ、イギリスGP初日は生産的な1日。クビアトはギヤボックス交換でペナルティ
執筆:
2020/08/01 2:42

アルファタウリのダニール・クビアトは、イギリスGPのFP3に先立ち、ギヤボックスの交換を行なうため、決勝で5グリッド降格ペナルティを受ける。

 アルファタウリのダニール・クビアトは、F1第4戦イギリスGPのFP3を前にレース用ギヤボックスの交換を実施。決勝では5グリッド降格ペナルティを受ける。

 レース週末の土曜日と日曜日に搭載するギヤボックスは最低6戦連続で使用する義務があるが、クビアトが12位でフィニッシュした第3戦ハンガリーGP後に、ギヤボックスに問題が起きていることが分かったという。

 なお、彼のチームメイトであるピエール・ガスリーも新たなレース用ギヤボックスを使用するが、ガスリーは前戦リタイアとなっているため、ペナルティはない。

Read Also:

 FP1で10番手、FP2では赤旗中断が予選シミュレーションに影響し、15番手となったクビアトだが、全体的なバランスには満足しているという。

「とても良い、生産的な1日だった」

 そうクビアトは語った。

「残念だったのは、新しいタイヤを履いていた時に赤旗が出たことだ。アタックを中止して、使用済みのタイヤで再度走行する必要があったので、少し妥協を強いられた」

「僕たちは今日、多くのことを学んだと思うし、全体的なバランスにとても満足している。明日はいつものようにタイトになるため、いくつかのことを整理して、明日に向けて何ができるか分析する必要がある」

「コンディションが変わる場合は警戒する必要がある。どんな変化が予想されるかを考えなくてはいけない。FP3で、それを理解することが重要になる」

 ハンガリーでは信頼性のトラブルに苦しめられたガスリーだが、FP1では11番手、FP2では8番手となっている。彼もマシンの感触は良いとしながらも、さらなる進歩が必要だと話した。

「生産的だった。多くのことをしたんだ」

「僕はまだ、クルマのバランスが望んでいるようにはなっていないけど、パフォーマンスに関してはこれまでのところ問題ない。でも、明日と日曜日はとても異なるコンディションになるみたいだ」

「これまでの2セッションで、ハンガリーよりも多くのラップを走ったと思う。ドライビングの感触は良いけど、僕たちがいるべき場所にクルマを持っていくためには、まだかなりの作業が必要だ。明日に向けて、なんとかそれをやってみる」

Read Also:

あなたが考えるF1“歴代最強”のドライバー・チームは? スポーツナビで投票受付中

前の記事

あなたが考えるF1“歴代最強”のドライバー・チームは? スポーツナビで投票受付中

次の記事

気温30度以上……灼熱のコンディションでも問題なく機能。ホンダPUのイギリスGP初日

気温30度以上……灼熱のコンディションでも問題なく機能。ホンダPUのイギリスGP初日
コメントを読み込む