ニコラス・ラティフィ、周冠宇との接触でペナルティ。日本GPで5グリッド降格処分に

ウイリアムズのニコラス・ラティフィはシンガポールGPで周冠宇と接触したことでペナルティが決定。次戦日本GPで5グリッド降格の処分を受けることになった。

ニコラス・ラティフィ、周冠宇との接触でペナルティ。日本GPで5グリッド降格処分に
Listen to this article

 F1第17戦シンガポールGPで周冠宇(アルファロメオ)と接触したニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)は、次戦日本GPでグリッド降格ペナルティを受けることが決まった。

 接触が起きたのはシンガポールGPの7周目。18番手を争っていた場面で、周はラティフィを追い抜こうとターン5でアウト側から攻めたが、ラティフィにアウト側へ押し出される形となり、ウォールにヒット。周のマシンはダメージを受け、リタイアを余儀なくされた。

 なおこの接触ではラティフィもウォールにヒット。最終的にマシンを止め、セーフティカー出動の原因となった。

 接触に対し周は、ウォールに押し込まれたと話すなど無線でラティフィに対して激怒。FIAはこの接触を調査した結果ラティフィに非があると認め、次戦日本GPでの5グリッド降格ペナルティを科した。

 以下はスチュワードによる声明となっている。

「スチュワードはビデオ映像を検証し、その結果LAT(ラティフィ)がこの衝突の原因だと判断した」

「ZHO(周)はターン5へ続く直線でラティフィのオーバーテイクを試みており、十分なスペースもあり、通常のレーシングラインを走っていた。ラティフィは左に進路を取り、周に対して車両1台分の幅を残さず、結果として両車は接触した」

 なおラティフィには日本GPでの5グリッド降格ペナルティとともに、2点のペナルティポイントも加算された。これで、過去12ヵ月間でのラティフィのペナルティポイントは合計3点となった。

Read Also:
シェア
コメント
マクラーレン、初日苦しんだシンガポールで”望外”のダブル入賞でランキング4番手浮上。チーム代表「早めにスリックを履く”誘惑”に耐えた」
前の記事

マクラーレン、初日苦しんだシンガポールで”望外”のダブル入賞でランキング4番手浮上。チーム代表「早めにスリックを履く”誘惑”に耐えた」

次の記事

角田裕毅が鈴鹿に来る! ホンダエンジンのフェルスタッペン戴冠も!?3年ぶり開催日本GPを見逃すな!|F1日本GP DAZN配信スケジュール

角田裕毅が鈴鹿に来る! ホンダエンジンのフェルスタッペン戴冠も!?3年ぶり開催日本GPを見逃すな!|F1日本GP DAZN配信スケジュール