今季F2でランク9位のラティフィ、ウイリアムズのリザーブドライバーに決定

シェア
コメント
今季F2でランク9位のラティフィ、ウイリアムズのリザーブドライバーに決定
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/12/04 1:49

今季のF2でランキング9位となったニコラス・ラティフィが、2019年ウイリアムズのリザーブドライバーを務めることが発表された。

 2018年シーズンはDAMSからFIA F2選手権に参戦していたニコラス・ラティフィが、ウイリアムズのリザーブドライバーに就任したことが発表された。

 ラティフィは今季、F2に参戦するのと並行して、フォースインディアの開発ドライバーも務め、テストや金曜フリー走行でVJM11のステアリングを握った。ウイリアムズに加入後は、プレシーズンテスト1日とインシーズンテスト3日(公式テスト1日+ピレリのタイヤテスト2日)、そして6回にわたってフリー走行1回目を走る予定だ。

「2019年はリザーブドライバーとして、ウイリアムズのような象徴的なチームに参加することになり、僕はワクワクしている」

 ラティフィはそうコメントを寄せた。

「F1での開発を続け、そしてFP1とルーキーテスト、そしてピレリテストでコース上での経験を蓄積できるということは、素晴らしいチャンスだ」

「それと同様に、シミュレータをドライブすること、そして新車の開発を手助けするのも、僕の役割が占める大きな部分だ」

「グローブのファクトリーで過ごし、チーム内に身を置いて、できる限りチームを手助けするのを楽しみにしている」

「僕に与えられた素晴らしいチャンスだ。仕事を始めるのが待ちきれない」

 なおラティフィはこれまでに、スーパーライセンスポイント24を獲得している。F1参戦に必要な40ポイントにはまだ到達しておらず、これを達成すべく、来季もF2に挑戦する予定だ。もしF2に参戦した場合、ランキングトップ5以内に入ることができれば、40ポイントを満たすことができる。

「ニコラスは、ジュニアフォーミュラで成功を収めてきました。そして、我々が探しているレースの”血統”を持っています」

 そう語るのは、ウイリアムズのチーム副代表であるクレア・ウイリアムズである。

「そして、彼は信じられないほど知的で、勤勉なのです」

「彼が我々のチームにとても合っているということを、私たちは確信しています。そして、来季ニコラスと共に仕事をするのを楽しみにしています」

次の記事
『レーシングポイントF1』は正式名称にあらず。開幕前に再変更へ

前の記事

『レーシングポイントF1』は正式名称にあらず。開幕前に再変更へ

次の記事

ロッシ、スーパーバイクテストのハミルトンを拠点に招待?「次は僕と練習だ」

ロッシ、スーパーバイクテストのハミルトンを拠点に招待?「次は僕と練習だ」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコラス ラティフィ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Scott Mitchell