肺移植を受けたニキ・ラウダ、約2カ月の治療を経て退院

シェア
コメント
肺移植を受けたニキ・ラウダ、約2カ月の治療を経て退院
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/10/24 23:58

8月の休暇中に肺疾患を患い、肺の移植手術を受けたニキ・ラウダが、水曜日に退院したことが分かった。

 肺移植手術を受けたニキ・ラウダ(69歳)が、退院したことが分かった。

 今年の8月、休暇中に疾患を負い、肺の移植手術を受けたラウダ。2カ月以上に及ぶ治療の結果、水曜日に病院を退院したことが分かった。

 病院はラウダが良好な状態で退院できることを確認。今後「集中的なリハビリ」を受けるだろうと語った。このリハビリには数週間を擁するといい、引き続きAHKウィーン病院からのサポートを受けるという。

 同病院の呼吸器科のトップであるマルコ・イズコ医師は8月、ラウダは病を患った結果、免疫抑制療法を受け、大幅な改善をもたらしたと語っていた。しかし肺の急性疾患の影響により集中治療室で人工呼吸を受けることとなった。

 この時点で医師団は、ラウダの余命が数日であると診断。肺移植を行うことが決断された。

 ラウダはF1現役時代の1976年にクラッシュを喫し、肺に火傷を負ったことがある。しかし、今回の疾患とクラッシュ時の肺損傷には、関係性がないことが強調されている。

次の記事
FIA、メルセデス”ホイール問題”について各チームと話し合い実施へ

前の記事

FIA、メルセデス”ホイール問題”について各チームと話し合い実施へ

次の記事

”復活”のライコネン「スムーズに走れていて、シーズンが楽しい」

”復活”のライコネン「スムーズに走れていて、シーズンが楽しい」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー Niki Lauda
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース