F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

長引くF1シーズン中断期間。ルクレール「再開されるまで、集中力を維持するのは困難」

シェア
コメント
長引くF1シーズン中断期間。ルクレール「再開されるまで、集中力を維持するのは困難」
執筆:
2020/04/26 1:57

フェラーリのシャルル・ルクレールは、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されている今季のF1がスタートしたとしても、ドライバーたちが精神的に”最高”の状態に戻るのは簡単ではないと考えている。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年のF1は開幕が大幅に遅れている。シーズン最初のレースがいつ開催されるのか、まだ不透明な情勢ではあるものの、各国の渡航制限が緩和されれば、7月もしくは8月頃には再開できるかもしれないという見通しもある。

 ただシーズン開幕が夏にずれ込むということは、2月にテストで走行してから約5ヵ月もの期間が開いてしまうということを意味する。この空白期間は、ドライバーたちにとって集中力を保つのが難しいモノだという。フェラーリのドライバーである、シャルル・ルクレールは語る。

「精神的な部分、そしてマシンに乗る前に湧き立つモノを見つけるのが、難しくなるだろう」

 ルクレールはモナコの自宅から、オンラインで取材に応じた。

「これは、走る度に良くなっていくことだ。だから、長い間走らないと、いつもの状態に戻るのは難しい。だから……難しい状況になるだろうね」

「マシンに乗ることはできないけど、家にいながらにして、毎週そのゾーンに身を置いておくようにトレーニングしている。その他には、パスタを作るくらいだね」

「とにかく、そのゾーンを保つために、トレーニングしておくんだ。できるだけマシンに乗る時と同じように集中するように心がけ、トレーニングを続けていくことが重要なんだと思う」

 フェラーリは、テストでメルセデスやレッドブルから遅れを取っているように見えた。新型コロナウイルスによりレースができないことにより、その状況から脱するのは難しいとルクレールも認識しているという。

「テストの間、僕らは少し苦労していた」

 そうルクレールは語る。

「だから、追いつく必要がある。それができるかどうかは分からない。でも昨年は、1年を通じて順調に進歩することができた」

「去年と同じように働き続ける必要があると思う。そして、結果を手にできると僕は確信している。しかし、シーズンが始まれば、もう立ち止まることはない。だから、誰にとっても難しいシーズンになるだろうね。そして僕らは、ライバルたちよりもマシンの開発をしなきゃいけない……休むことなんてできないよ」

「コースを走る時間は、これまでの年よりもずっと重要になると思う。だからシーズンが再開すれば、コース上で多くの時間を費やすことになるだろう」

「チームに適切なフィードバックをもたらすため、そしてチームが正しい方向に進むようにサポートするため、最初のレースから集中し、準備を整えるのもとても重要になるんだ」

 レースが開催されない間、ルクレールはeスポーツのレースに積極的に参加し、それを楽しんでいるように見える。しかし、現在のロックダウンの間に何が恋しいかと尋ねると、ルクレールは次のように語った。

「レースだよ、レース。誰かが見たり、誰かと一緒にやることだと思う。最終的には、このアパートに数週間もいると、少しずつ退屈になり始めるからね」

 

Read Also:

次の記事
パシフィックGP……僅か2年、短命に終わった日本国内F1”2レース”開催

前の記事

パシフィックGP……僅か2年、短命に終わった日本国内F1”2レース”開催

次の記事

F1ドライバー、開幕戦で”グロッキー”に? サインツ「間違いなく首が厳しい」

F1ドライバー、開幕戦で”グロッキー”に? サインツ「間違いなく首が厳しい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble