アブダビテスト2日目:フェラーリ移籍のルクレール首位。ガスリー2番手

シェア
コメント
アブダビテスト2日目:フェラーリ移籍のルクレール首位。ガスリー2番手
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/11/29 1:27

アブダビF1テストの2日目、フェラーリのマシンを駆ったシャルル・ルクレールがトップタイムを記録した。

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで、F1タイヤテストの2日目が行われ、フェラーリのマシンを駆ったシャルル・ルクレールが1分36秒450でトップタイムを記録した。

 今回のテストの目的は、全10チームに2019年仕様のタイヤを提供し、2018年仕様タイヤとの比較を行うことだった

 ルクレールはセッション開始早々、来季のチームメイトとなるセバスチャン・ベッテルが初日に記録したタイムを更新。午後にはさらにそれを上回って、1分36秒450を記録した。

 2番手に立ったのは、レッドブルのマシンを走らせたピエール・ガスリーで、1分37秒916だった。ガスリーはセッション最後の1時間で、2度にわたってタイムを更新し、前述のタイムを記録した。

 まだ加入は発表されていないものの、ランス・ストロールがレーシングポイント・フォースインディアのマシンに乗り、1分38秒044で3番手。メルセデスのバルテリ・ボッタスが最後の1時間でベストタイムを記録し、4番手となった。

 マクラーレンでのテスト初日となったカルロス・サインツJr.は、1分38秒547で5番手。ルノーのマシンを走らせたアルテム・マルケロフが6番手。ロバート・クビサからウイリアムズのマシンをセッション終盤に引き継いだジョージ・ラッセルが7番手となった。

 来季トロロッソからのF1復帰が決まっているダニール・クビアトは、ラッセルと僅差の8番手。しかし、この日最長の155周を走った。

 ハースのマシンを走らせたルイ・デレトラが9番手。アントニオ・ジョビナッツィはザウバーのマシンで11回の走行をこなして10番手タイムとなったものの、午後にはピットレーン出口のトンネル内でストップし、赤旗の原因となった。

 ウイリアムズのロバート・クビサが39周を走って11番手となった。

Pos Driver Car Time Laps
1 Charles Leclerc Ferrari SF71H 1'36.450 135
2 Pierre Gasly Red Bull RB14 1'37.916 129
3 Lance Stroll Force India VJM11 1'38.044 122
4 Valtteri Bottas Mercedes F1 W09 EQ Power+ 1'38.448 143
5 Carlos Sainz McLaren MCL33 1'38.547 150
6 Artem Markelov Renault R.S.18 1'38.590 129
7 George Russell Williams FW41 1'38.802 55
8 Daniil Kvyat Toro Rosso STR13 1'38.862 155
9 Louis Deletraz Haas VF-18 1'39.069 117
10 Antonio Giovinazzi Sauber C37 1'40.435 129
11 Robert Kubica Williams FW41 1'44.208 39
次の記事
ホンダF1、ハートレーに感謝「彼の開発能力が進歩に大きく貢献」

前の記事

ホンダF1、ハートレーに感謝「彼の開発能力が進歩に大きく貢献」

次の記事

来季F1復帰のクビアト、アブダビで走行「来年がとても楽しみだ」

来季F1復帰のクビアト、アブダビで走行「来年がとても楽しみだ」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビピレリタイヤテスト
執筆者 Scott Mitchell