F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
54 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
68 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
82 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
96 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
117 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
131 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
152 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
159 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
173 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
187 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
215 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
222 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
236 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
257 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
271 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
278 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
292 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
306 days

「チームの利益が最優先」ルクレール、ベッテルとの“内紛”を自制?

シェア
コメント
「チームの利益が最優先」ルクレール、ベッテルとの“内紛”を自制?
執筆:
協力: Roberto Chinchero
2019/10/10 3:18

フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとの争いが、チーム全体の利益を損なうことは許されないと語った。

 フェラーリF1チームは、直近3戦でセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのふたりが優勝を争ったことで、緊張状態となっている。

Read Also:

 F1のモータースポーツ・マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、フェラーリドライバーの間で“爆発の可能性がある”と考えている。

 しかし、ロシアGPの期間中にmotorsport.comが行った独占インタビューでルクレールは、ベッテルとの間に熾烈な争いがある一方で、“手のつけられないもの”にはならないと認識していると語った。

「僕はセブのことを負かしたいと思っているし、セブも僕に負けたくないと思っているだろう。だけど、チーム全体の利益が優先されるんだ」

 “チームオーダー論争”が起こったロシアGP決勝の前、ルクレールはそう語っていた。

「常に妥協が必要なんだ」

 ルクレールは、自分のクルマを作り上げている多くのスタッフへの責任があるため、その行為を裏切るようなことはできないと話している。

「自分が良い走りをできるのは、たくさんのチームメンバーのおかげなんだ。それを分かっているし、チームメイトとバトルをしている時はそれについて考えるんだ」

「セブと争っているなら、そういったモノも心に留めておくべきだし、リスクを取ることはできない」

 しかしルクレールはチームメイトに勝つことの重要さをよく知っており、今シーズンのランキングでベッテルよりも上位に立とうとしている。

「同じクルマに乗っている唯一の存在が、チームメイトなんだ」

「チームメイトに勝つことは僕の目標でもあり、多分どのドライバーにとってもそうだと思う」

 ルクレールとベッテルはイタリアGPの予選や、シンガポールGPでのアンダーカット、ロシアGPでのチームオーダーなど、度々その関係性が危うくなる場面を経験してきた。

 ベッテルにアンダーカットされたシンガポールGPで、ルクレールは無線でその状況に対する不満を語っていた。だがルクレールはそうした動きは政治的な動機ではなく、単に勝利への渇望によって起こされたものだと言う。

「僕は間違えていたし、間違いを認めることを恐れてはいない」

「シンガポールでは僕らはワンツーだったけど、アドレナリンが出ていて少し大げさになってしまったんだ」

「(シンガポール決勝日に)朝起きたとき、僕は優勝について考えていた。布団に入るときも、マシンに乗っているときもそうだ。僕は優勝について“だけ”考えられるんだ。ただシンガポールではアドレナリンが出過ぎていて、必ずしもそうする必要が無いのに、(不満を)表してしまった」

 ルクレールは、サマーブレイク後にフェラーリが壁を破って大きな進歩を見せたことについて、ベッテルとデータを共有しあえていることも要因のひとつだと考えているようだ。

「ここ数戦のレースでの大きな進歩を目の当たりにして、僕ら全員が驚いている」

「マラネロのチームは本当に素晴らしい仕事をしてくれたよ」

「モンツァで僕らは素晴らしく機能するスペック3(のパワーユニット)が手中にあることを確かめた。そしてシンガポールに持ち込んだ空力パッケージが、期待を上回る素晴らしい結果を生み出したんだ」

「これはチーム内の良好な環境で行われた取り組みの結果だ。セブとはすべての情報を共有しているし、それは重要な要素だ」

Read Also:

次の記事
鈴鹿に近付く台風19号。FIA「サーキットやJAFと連携して、対処の準備を」

前の記事

鈴鹿に近付く台風19号。FIA「サーキットやJAFと連携して、対処の準備を」

次の記事

F1日本GPの11日(金)はスケジュール通り開催予定も変更の可能性あり

F1日本GPの11日(金)はスケジュール通り開催予定も変更の可能性あり
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble