ライバルたちは実力を隠している……ルクレール、テスト好調もメルセデスら警戒

シェア
コメント
ライバルたちは実力を隠している……ルクレール、テスト好調もメルセデスら警戒
執筆:
2019/02/22 5:24

フェラーリのシャルル・ルクレールは、ライバルたちがバルセロナテストにおいてわざと実力を隠していると感じている。

 2019年のF1開幕まで1カ月を切る中、バルセロナ合同テストの1回目が2/18(月)から4日間にわたって行われた。いわゆる“3強”の内、フェラーリは最速タイムを連発したが、メルセデスとレッドブルはトップタイムはおろかトップ3にすら名前を連ねなかった。

 今年からフェラーリに加入したシャルル・ルクレールは2日目と4日目(最終日)に走行を担当し、2日目にはトップタイムを記録したが、彼はライバルたちがまだ実力を隠していると考えている。

「今はテストだから各車のパフォーマンスはわからない。僕たちも彼らもプッシュしていない」とルクレールは言う。

「僕たちは他チームがどのくらい意図的に実力を隠しているのかわからない。だからそれは開幕戦で確認する」

「テストで一番重要なことは、その日のプログラムを実行することだ」

 ルクレールのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルは、テスト初日を終えて「マシンは完璧に近い」と評している。

 その好発進は、メルセデスのバルテリ・ボッタスに「フェラーリは今のところ優勢である」と言わしめた。

 ルクレールはSF90が「非常に乗りやすい」マシンであることに同意した。

「僕はこのマシンに関して心配していない」

「セブ(ベッテル)も言ったように、このマシンは新車という感じがしない。既に成熟されたマシンに感じる」

「ただ僕たちはプッシュし続けなければいけない。他チームはわざと実力を隠している」

「彼らの本当の実力を測る必要があるが、現状マシンにはとても満足している」

次の記事
歴史的瞬間を見逃すな! 3/9のレッドブルF1デモラン、東京の公道でF1初走行

前の記事

歴史的瞬間を見逃すな! 3/9のレッドブルF1デモラン、東京の公道でF1初走行

次の記事

テストの遅れはボディブローのように効く……ルノーがウイリアムズに同情

テストの遅れはボディブローのように効く……ルノーがウイリアムズに同情
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バルセロナ公式オフシーズンテスト1回目
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む