F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

”悲劇のヒーロー”ルクレール「すごく不運な中、幸運だった」

シェア
コメント
”悲劇のヒーロー”ルクレール「すごく不運な中、幸運だった」
執筆:
2019/03/31 18:07

フェラーリのシャルル・ルクレールは、バーレーンGPでのF1初表彰台について、”すごく不運な状況で、幸運な結果”だったと語った。

 F1バーレーンGPの主役は、間違いなくシャルル・ルクレール(フェラーリ)だった。

 フェラーリ移籍2戦目にも関わらず、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを打ち負かしてポールポジションを獲得。スタート直後こそポジションを落としたものの、その後は強力なペースを発揮し、首位をひた走っていた。

 しかし残り10周というところでMGU-Hにトラブルが発生。メルセデスの2台に交わされ、3位でのフィニッシュとなった。初勝利は逃したものの、ルクレールにとってこの3位は、F1で初めての表彰台獲得となった。

 レース終盤、彼には幸運もあった。トラブルによりガクリとペースを落としたルクレールは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの接近も許していた。しかしそんな時、ルノーの2台が相次いでストップ。これによりセーフティカーが出動し、そのままチェッカーまでセーフティカーが先導することとなった。ルクレールはこのセーフティカーに助けられ、3位を確保。もしセーフティカーが宣言されなければ、3位はフェルスタッペンの物になっていたはずだ。

 ルクレールはF1での初勝利を逃したことについて「そうなってしまった。でも、これもモータースポーツの一部だ」と振り返った。

「残念ながら、今日は僕らの日じゃなかった。でも、オーストラリアでのペース不足を取り戻すため、チームが素晴らしい仕事をしてくれたことに誇りを持っている」

「もちろん、チームと同じように、僕はとてもがっかりしている。でも、シーズン中にはそういうことも起きるんだ」

「不運な状況の中でも、僕らは幸運だった。最後にセーフティカーが出てくれてよかった。そうでなければ、僕らはさらに後方に下がっていただろう。燃料の面でも、大丈夫だったとは思えないよ」

 レース終了後、ルクレールは初の表彰台でも、勝利を逃したことの慰めにはならないと語った。

「過去に何度も言ってきたように、僕は結果だけを見ているわけじゃない。僕はもっと良くなれる可能性を模索しているんだ」

 そうルクレールは語った。

「今日は、3位は僕らがいるべき場所じゃなかったはずだ」

 ルクレールのマシントラブル、そしてベッテルのスピンにより、メルセデスは不可能だと思われたはずの1-2フィニッシュを手にすることができた。勝ったルイス・ハミルトン(メルセデス)は、ウイニングラン中に無線でルクレールに敬意を表し、そして「ルクレールは将来、多くの勝利を手にするはずだ」と語った。

「今週末のフェラーリは素晴らしかった」

 そうハミルトンは語った。

「この結果は、彼にとっては間違いなく、悲劇的な結果だと思う」

「僕らは明らかにラッキーだった」

 またハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスも「チームとしては、今日は少しラッキーだった」と語る。

「でも、僕らはそれをまとめ上げた。チームとしては、ミスがなかったんだ。マシンの信頼性は非常に高く、それが勝利に繋がった」

「それを除けば、僕にとっては難しいレースだった」

次の記事
F1バーレーン速報:ルクレール、悲運のトラブルで勝利を逃す。メルセデス1-2

前の記事

F1バーレーン速報:ルクレール、悲運のトラブルで勝利を逃す。メルセデス1-2

次の記事

F1動画|F1第2戦バーレーンGP決勝レース ハイライト動画

F1動画|F1第2戦バーレーンGP決勝レース ハイライト動画
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell