F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

100%喜ぶことはできない……ルクレール、F1初勝利を亡きユベールに捧げる

シェア
コメント
100%喜ぶことはできない……ルクレール、F1初勝利を亡きユベールに捧げる
執筆:
2019/09/02 1:05

ベルギーGPでF1初優勝を挙げたシャルル・ルクレールは、前日に友人であるアントワーヌ・ユベールが亡くなっているため、完全に喜ぶことはできないと語った。

 F1第13戦ベルギーGPでは、フェラーリのシャルル・ルクレールがキャリア初優勝を挙げた。しかしながら彼は、その勝利を100%喜ぶことは出来ないと語った。なぜなら決勝レースの前日に、彼のカート時代からの友人であるアントワーヌ・ユベールがFIA F2のレース中の事故によって命を落としたからだ。

Read Also:

 ルクレールはレース後、今回の初優勝をユベールに捧げると語った。

「僕は子供の頃からの夢を叶えた。その一方で、この週末は昨日を堺に非常に難しいものとなっていた」

「今回の勝利を彼(ユベール)に捧げるよ。僕たちは共に育ったんだ。アントワーヌと初めてレースをした時には、エステバン(オコン)もピエール(ガスリー)もいた」

「昨日起こってしまった事は非常に残念だ。僕の初勝利を完全に喜ぶことはできないけど、一生忘れられない思い出になった」

 ルクレールは予選でポールポジションを獲得し、レースでも序盤から首位を快走。しかしながら、終盤にはルイス・ハミルトン(メルセデス)の猛追を受けることとなった。ただ、ハミルトンは最終的にルクレールに0.9秒という僅差で及ばず、今季9勝目を逃した。

「非常に難しいレースになった。終盤にはタイヤにかなり苦しんでいたからね」とルクレールは語った。

「でもブダペスト(ハンガリー)よりはタイヤをうまくマネージメントできていたと思う」

「レース終盤は間違いなく簡単な状況ではなかった。彼(ハミルトン)はすぐに僕に追い付いた。かなりのプレッシャーをかけられたけど、彼を後ろにとどめておくことができて良かった」

 ルクレールは第2戦バーレーンGPで首位を快走しながらも、マシントラブルで後退。同じく首位を走っていた第9戦オーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)からの猛追に屈するなど、あと一歩のところで勝利を逃していた。

 ハミルトンは次のように語り、優勝したルクレールを讃えた。

「僕の持っているものは全て出し切ったと思う」

「今日はとても難しいレースになった。フェラーリはストレートでとても速く、本当についていくのが大変だった」

「終盤は限りなく近付いた。(勝つには)あと数周が必要だったかもね」

「何はともあれ、初優勝のシャルルを祝福したい。彼はシーズンを通してそれに近いところにいたから、僕も嬉しいよ」

Read Also:

次の記事
F1ベルギーGP決勝:ルクレール悲願の初優勝! ホンダ勢は3台入賞

前の記事

F1ベルギーGP決勝:ルクレール悲願の初優勝! ホンダ勢は3台入賞

次の記事

アルファロメオ代表、スタート直後のフェルスタッペンの動きは“愚か”だったと批判

アルファロメオ代表、スタート直後のフェルスタッペンの動きは“愚か”だったと批判
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
サブイベント Race
ドライバー アントワーヌ ユベール , シャルル ルクレール , ルイス ハミルトン 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Scott Mitchell