ルクレール、F1デビューイヤーの成功の鍵は「環境の違いに慣れること」

シェア
コメント
ルクレール、F1デビューイヤーの成功の鍵は「環境の違いに慣れること」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/12/17 3:30

今年F1にデビューしたルクレールは、環境が大きく異なり、それに慣れなければならなかったと認めた。

 今年、ザウバーからF1にデビューしたシャルル・ルクレールは、F2とF1の環境が大きく異なるため、それに慣れなければならなかったと明かした。

 ルクレールは、アゼルバイジャンGPで6位入賞を果たすとその後も定期的にポイントを獲得。2019年にフェラーリ昇格を手にするほど、印象的なデビューシーズンを過ごした。

 だが、彼はF1へのステップアップ当初は難しい状況だったと認めた。

「初めは、非常に多くの人に向けて話すことにおじけづいた」

「自分が言ったことを全て分析されるんだ。自分のエンジニアだけじゃなくて、多くの人にね。怖かったわけではないけど、萎縮してしまったんだ。でもそれからそれに慣れていった」

「多くの人が関わっているので、フィードバックも含めて発言全てをより正確にする必要がある」

「F2では、重要なことだけに集中していればよかった。マシンを良くしようと、僕を助けてくれる人は最大でも2人くらいだったからだ。それはF1とは違うアプローチだ。慣れるのには少し時間がかかった」

 他にF2と大きく違う点としてレースの長さを挙げ、慣れる必要があったとルクレールは語った。

「F2と比較して、F1で最初の数レースは非常に長かったことを覚えている。これにも慣れる必要があった」

「20周走った後に、フィニッシュまであと2周くらいかなと思うと、『OK、残りは40周だ』と無線で言われるんだ。『長すぎる!』って思ったよ」

 ルクレールはデビューシーズンを終え、F1で成功するためにはどんな資質が必要か、かなり賢くなった1年だと振り返った。

「何よりもまず、このパドックに慣れてから、ドライビングに必要なのは何か分かってくるんだ」

「今年の初めには予想もしていなかったような、細かいことが大きな違いに繋がるんだ」

「非常に多くの人々と働く方法もそうだ。僕はそのやり方を学んだ。自分のエンジニアだけに話すことに慣れる前にね」

「そういったことが、僕をかなり変えたんだ」

次の記事
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム ザウバー
執筆者 Jonathan Noble